【SNS運用】Facebookの個人ページを活用する

Face bookを使って集客を目論んでいる整骨院は多いでしょう。

「Face book始めたんだけど、全然いいねがつかない」

こんな相談をされる機会がまだまだ多いです。

最初に断っておくと、Face bookをスタートして、いきなりいいねがついたり、シェアされるほど、SNS運用は甘くないです(笑)。

そして、反応が無いから続けるモチベーションがどんどん落ちているあなたのような場合、さらに運用は難しくなります。

では、どのようにしたらモチベーションが続く更新ができるのでしょうか。

そのポイントは、「個人ページを活用する」のです。

続きを読む

知り合いのお店とチラシを置き合う時のマナー

店舗型ビジネスの多くは、半径3km圏内のお客さんをどれだけ獲得できるか、というのが勝負です。

そのためには、あらゆる角度から宣伝をする必要があります。

その代表的な方法が、新聞折込やポスティングなのですが、少し違った方法に「知り合いのお店にチラシやパンフレットを置いてもらう」というやり方があります。

関連記事:【ポスティング】正しい活用方法!チラシ配布の考え方
関連記事:【新聞折込】正しい活用方法!チラシ配布の考え方
関連記事:新聞折込はどこに依頼する?新聞折込を利用する5つのステップ

その際にポイントとなるのが、「どこに置いてもらうのか」ということです。

今回は、知り合いのお店とチラシを置き合う時のマナーについてご紹介します。

続きを読む

オフラインサロンを開くなら出し惜しみはするな

オンラインサロンが流行っていますが、お店を構えている場合はオンラインサロンよりもオフラインサロンがおすすめです。

まあ、かっこよく「オフラインサロン」と言いつつ、「●●教室」というイメージです。

例えば、整骨院なら「姿勢改善教室」とか「ヨガ教室」などですね。

でも、たまにこのようなオフラインの場に集まると、運営方法を間違っているお店を見かけることがあります。

サロンを開く場合の、正しい方法をご紹介します。

続きを読む

【ポスティング】正しい活用方法!チラシ配布の考え方

男の子

ポスティングは、今更ながら注目を集めているメディアの1つです。

関連記事:チラシの配布方法 新聞折込とポスティングを効果的に使い分ける考え方

ポスティングが注目されている理由の1つに、新聞購読率の低下があります。

新聞の購読者は年々低下の一途をたどっており、数年前ならば一家で一紙が当たり前だった時代では、新聞折込としてチラシを配布すれば、ほぼ100%の世帯に届きました。

しかし、現在では良くて70%程度と言われています。
が、私の感覚では40%くらいだと思います。

つまり、本当に狙いたいターゲットに届けるのであれば、新聞折込はごく少数のためのチラシということになっていると感じます。

では、ポスティングを有効活用するためには、どのようにすれば良いのか、解説します。

続きを読む

メルマガは店舗集客に必要か?

久しぶりに髪を切りました。

なんと、気づけば約7ヶ月ぶりの美容室。

美容師さんと話をしていて思い脱したのが、そういえば昔は美容室からよく「メルマガ」が届いていたなーということ。
美容室からだけではなく、ファミレスとかからもメルマガがよく届いていました。

でも、最近はお店からメルマガが届くことってないですよね。

現代において、メルマガを導入するのはどうなのでしょうか。

続きを読む

クーポンは2度目の来店を促すことに全力を注げ!

フリーペーパーやチラシといった新規集客でクーポンをつけているお店は多いでしょう。

また、次回の来店を期待して、お会計の時にクーポンを手渡してるお店もあります。

私の大好きなうどん屋さんでも、お会計をすると「無期限の50円引きチケット」を手渡してくれます。

すごく嬉しいのですが、実際に使ったことは1回しかありません。

なぜか?

だって、有効期限がないので、いつ行ってもいいやとなると、結局お財布から出して何処かにしまってしまうから。
あなたのお店でも、同じミスをしていませんか?

続きを読む

【新聞折込】正しい活用方法!チラシ配布の考え方

「チラシを撒いてみたいけれど何をどうして良いのかわからない…」

ワードやエクセルで簡易的なチラシを作っても、その後どうやって印刷して、どうやって配布するべきなのかがわからないという店舗経営者は多いです。

チラシを配布する方法は、【新聞折込】か【ポスティング】になります。

関連記事:新聞折込はどこに依頼する?新聞折込を利用する5つのステップ
関連記事:チラシの配布方法 新聞折込とポスティングを効果的に使い分ける考え方

ポスティングの場合は、自分で配る方法と業者に依頼する方法があります。

新聞折込の場合は、地域の新聞屋さん、もしくは折込チラシを扱う代理店経由での依頼が一般的です。

どっちの配布も同じと思うなかれ、実はチラシの反応をあげたいのであれば、新聞折込とポスティング、配布の方法を分ける必要があるのです。

より、チラシの反響を高めたい人は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

接客レベルを上げるなら外部のコンサルタントを入れろ!

あなたのお店が長く続くには、売上を安定して上げることと、集客の仕組み化は必須です。

が、長く続くことのマイナス面もあります。

それは「マンネリ化」です。

長く安定して続くお店では、従業員も長く働いていることが多いです。

それこそ、10年とか、それくらい勤続している人もいるでしょう。

地方ではさほど珍しいことではなく、もちろん長く続けていることで常連さんを把握しており、気の利いたサービスが提供できるというメリットもあるでしょう。

一方で、対外的に見た場合の接客レベルは、低レベルと言わざるを得ないくらい低いという場合もあります。

このような状況を変えたい、と感じている経営者には、外部コンサルタントを入れることをおすすめします。

続きを読む

スタンプカードの有効期限で適切な期間

店舗集客でよく利用する販促方法の1つに「スタンプカード」があります。

関連記事:スタンプカードは貯まりやすくなければ意味がない!

スタンプカードを運用する上で気をつけたいところが「貯まりやすい」かどうかと「有効期限」を設定するかどうか、です。

スタンプカードを活用するための、適切な有効期限についてご紹介します。

続きを読む