fbpx

20代サラリーマンの平均年収は?将来年収1000万円を稼ぐために20代のサラリーマンが取り組みべき3つのこと

サラリーマン・会社員

年収アップしたい会社員の
“本当にやりたいこと”で複数の収入源を作る
複業プロデューサーのトヨナガアキヒロです。

最近、20代の方と話す機会がありました。
この方は、すでに年1000万円以上稼ぐ、凄腕のコピーライターです。

でもよく考えると、20代で年1000万円稼ぐってめちゃくちゃすごいですよね(笑)。

そこでふと、20代のサラリーマンの平均年収っていくらくらいなのか気になったので、調べてみました。

ついでに、僕が今のまま20代に戻ったら、年1000万円を稼ぐために何をsるのかわかりませんが、考えてみました。

スポンサーリンク

20代サラリーマンの平均年収は・・・

20代といっても、20歳〜29歳まで開きがあります。

国税庁の発表によると、平成30年の調査では、20代の平均給与は、319万円。
20歳〜24歳までの前半が267万円、25歳〜29歳の後半が370万円という結果になっています。

これ、20代前半の方が年収が低いのは当たり前で、20〜22歳だと大学生も多く、アルバイトの年収も入ってきているので、その辺りは考慮する必要があります。

そう考えると、20代後半で400万円近くの年収だったら、悪くないですよね。
ボーナス含めないければ、月々約30万円ですから。

でも、この年収は、大手企業、首都圏で勤める人が対象になっていることが多いので、地方にいくともう少し年収は下がるでしょうね。

この平均年収よりも、20%くらいは少なくとも下がるイメージなので、250万くらいの年収の人も少なくないと考えています。

出典元:https://ten-navi.com/hacks/salary-9-9164

20代サラリーマンが年収1000万円を稼ぐために今からやるべきこと

この年収で20代サラリーマンが年収1000万円を稼ごうと思ったら、会社に期待しているだけではダメだということ、客観的に見ればわかりますよね。

僕は、この事実を知って、いますごく後悔しています。

20代のうちから、年収1000万円を稼ぐためにやっておけばよかった、、、と感じること、たくさんあります。

そんなあなたのために、僕が感じる20代の今から、年収1000万円を稼ぐためにやっておくべきことを、3つ、ご紹介します。

1.たくさんの人に会う

これはとても重要です。20代、特に若ければ若いほど、人と会いやすいと僕は思っています。というのも、ある程度の成功者になると、あなたが真剣に話を聞きたいと言えば、絶対に会ってくれます。

しかも、20代だと「まあ、若いから知らなくても仕方がない」と思ってもらえるし、知っていたら「若いのに勉強してて偉い」って感心されます。

つまり、20代のうちは、人と会って人脈を作っておくことに、メリットはたくさんあれ、デメリットって一切ないんです。

20代の時って、学生時代と違ってある程度自分でお金を使えるので、ついつい自分の仲の良い人とだけ楽しく過ごしたくなるものですが、あなたが将来、年収1000万円を稼ぎたいと本気で考えているならば、絶対にたくさんの人と会うことを考えてください。

2.セミナーや勉強会、異業種交流会に参加する

たくさんの人と会うためにはどうするか、ということですが、SNSで直談判して会いましょう!という人もいますが、さすがにそれは失礼にあたるかもしれないし、ハードルが高いので、僕はあまりおすすめしません。

僕がおすすめする方法は、セミナーや勉強会、異業種交流会にたくさん参加することです。

このような場には、20代のあなたよりも必ずステージが上の人がたくさんいます。

だから、とにかく人と会って、そこからSNSやメールで連絡を取って直接合うようにしましょう。

会って何をするか、、、ですが、とにかく話を聞けばいいです。
あとは、あなたが持っている将来の夢なんかを語ると、いいでしょう。

3.本をたくさん読む

これはよく言われることですが、本をたくさん読みましょう。
マンガじゃなければ、小説でもビジネス書でもなんでもいいです。

とにかく、本を読みましょう。

僕は、20代の頃、広告会社で働いていたこともあり、仕事以外で活字に触れることが嫌で嫌で、本を読むということをしませんでした。

今、すごく後悔していますね。

ブックオフに行けば、100円でものすごく勉強にある本がたくさん置かれています。

週に1冊でもいいので、ぜひ読書する習慣を身に付けてください。

20代は勉強できる最後のチャンス!

20代サラリーマンが年収1000万円を稼ぐためにやっておくべき3つのことをご紹介しました。

僕は今、35歳ですが、自分が30代になって感じることは、20代って勉強できる最後のチャンスだな、ということです。

もちろん、30代になっても、40代になっても、勉強はできます。

でも、それは、自分で勉強したり、高いお金を払って勉強する感じなんですね。

それが20代ならば、「知らない」「わからない」ということが武器になって、それをきっかけに勉強ができるようになるのです。

だから、若ければ若いほど本当に有利。

あなたが将来、年収1000万円を稼ぎたいならば、ぜひ今日ご紹介した3つのことに取り組んでみてください。

副業の教科書 読者登録フォーム





無料メルマガで「副業のヒント」を手に入れよう!

■ 友達が好きな車を買ってうらやましい…
■ ネットビジネスを独学でやってみたけど、全然結果が出ない…
■ 会社の業績が悪く、給料が上がらない…
■ 実家の家族は贅沢しているのに、なんで自分だけ苦しい思いをしなきゃいけないんだ…
■ 頑張って勉強しているのに、妻から「口ばっかり」と言われた…

もしあなたがこんな悩みを抱えているのならば、
無料メルマガに登録して、「副業起業」の方法を
手に入れてください。

サラリーマン・会社員
スポンサーリンク

年収アップしたい会社員の“本当にやりたいこと”で複数の収入源をつくる『複業プロデューサー』。

専門学校卒業後、都内で雑誌編集者として約5年勤務した後、Uターンで静岡へ。

その後、広告代理店の営業に転職するも、テレアポが苦手すぎて会社を転々とする。

「テレアポしない営業」を模索する中でマーケティングと出会い、マーケティングを利用した反響営業で、当時の会社の売上を前年比150%アップさせるも、社長が別の事業で失敗し、倒産。

その経験から、会社員でいることにリスクを感じ、『複業』として、給料以外に収入源を複数持つことを意識するようになる。

現在は、会社員として勤務しつつ、Webライターとして各種媒体への寄稿、そして会社員の複業プロデュースから集客コンサルティングを行い、選択肢と自由を持つ会社員を1000人輩出することを目標として活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました