キャッチコピーやタイトルに「3」を入れる理由

マネージメント

お客さんに物事を伝える時に、注意してほしいことが2つあります。

1つは、「結論から伝える」こと。
そしてもう1つは、「理由を3つに絞る」こと。

1でもなく、2でもなく、「3」を使う。

これ、結構重要なポイントです。

スポンサーリンク

困ったときは「3」を使えばなんとかなる!

私の場合、お客さんに何かを伝える時には、必ずこのような言い方をします。

「結論は●●です。理由は3つあります。

1つ目は・・・
2つ目は・・・
3つ目は・・・

以上の3つの理由から、●●という結論になります。」

このように、最初に結論を伝え、その理由を3つ伝える。
そして、最後にもう1度結論を伝えるという話し方をよくします。

ただ、ここだけの話。
別に理由が「3つ」というのは、その場で考えていたりします(笑)。

なぜ、3つなのかと言えば、お客さんが覚えていられる項目が3つだと思っているからです。

私が「結論は●●です。理由は10こあります。」とあなたに伝えたら、理由を聞きたいと思いますか?
思わないですよね。

3つ以上の理由だと、かなり多いと感じられてしまい、そもそも結論も頭に入ってきません。
一方で、3つ以下の理由だと、なんとなく説得力に欠けてしまう気がします。

1つとか、2つだと、なんとなく少ない気がしますよね。

だから、3というのはめちゃくちゃベストな数字というわけですね。

じゃあ、事前に3つの理由を考えておいたほうがいいかな?と思うわけですが、別にそんなことはありません。

とりあえず、理由は3つありますと伝えましょう。
そして、相手の反応を見て、わかりやすい理由をチョイスしましょう。

大切なのは、3つの理由を伝えること。
そうすることで、結論が頭に入ってきやすくなるのです。

ぜひ、試してみてください。

7日間店舗集客基礎講座はこちらから

店舗集客にお困りの経営者へ

7日間の無料メール講座で、店舗集客の基礎を学びませんか?

今なら、ペルソナシートを無料でプレゼント。

マネージメント
スポンサーリンク

店舗集客の代行業。

オープンしたばかりのカフェやイタリアンなどの飲食店をはじめ、開業15年を誇る治療院などの集客代行を得意とする。

また、売上や粗利をアップさせるために、マーケティングコンサルタントとしても活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
店舗集客の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました