fbpx

サラリーマンでいることの3つのメリット・2つデメリット

サラリーマン・会社員

年収アップしたい会社員の
“本当にやりたいこと”で複数の収入源を作る
複業プロデューサーのトヨナガアキヒロです。

つい最近までサラリーマンだった僕は、
今、日本でトップ5に入るくらい、サラリーマンでいることの
メリット・デメリットを語れる存在だと思っています。

先日も、サラリーマンの人と個別面談をしていた時、
メリット・デメリットの話で盛り上がりました。

今日は、僕が思う、サラリーマンのメリット、デメリットをそれぞれ紹介します。

スポンサーリンク

サラリーマンのメリット

5月まで会社員をしていた僕が感じる、会社員のメリットをご紹介しましょう。

会社員のメリットは、大きく分けて3つあります。

  1. 安定性
  2. 税金・支払い関係
  3. 休み

です。
それぞれ解説します。

1.安定性

サラリーマンでいることの最大のメリットは、やはり安定していることです。
コロナの時期で売り上げが激減しても、ほとんどの会社では給料は出ましたし、ボーナスが支給された会社もあるでしょう。

景気に左右されずに、給料をもらうことができるというのは、会社員の強みですね。

2.税金・支払い関係

サラリーマンには、面倒な税金や支払いは全て会社がやってくれます。
でも、フリーランスになると、税金の申告も、支払いも全て自分・・・。

これはやってみると結構面倒です。

3.休み

サラリーマンは、基本的には週休2日、さらに年次有給休暇があります。
でも、フリーランスになると、特に起業初期は「休み=無休」ということ。

全然休めないです。
サラリーマン最高ですね。

サラリーマンのデメリット

デメリットも考えてみました、デメリットは2つかな?と思います。
ただ、そのデメリットが大きすぎると感じます。

  1. 会社の業績に左右される
  2. 収入に限界がある

それぞれ、解説しましょう。

1.会社の業績に左右される

最大のデメリットは、会社の業績によって、収入や雇用が左右されてしまうということです。

僕も副業を始めたきっかけは、会社が倒産しかけて、整理解雇をされた経験からです。

自分の収入源が会社だけというのは、収入については会社に命綱を握られているということ。

これ、めちゃくちゃ怖いですよね。

2.収入に限界がある

どんなに会社に貢献して成果を出しても、絶対に社長以上の収入を得ることはできません。

これ、中小企業では顕著です。

同族経営なんかだと最悪です。
息子のワガママで、パパは簡単に給料あげたりするかもしれないですし。

それが会社といえばそこまでですが、
どんなに頑張っても収入に限界があったら、やっぱり楽しくないですよね。

まとめ

サラリーマンでいることのメリット・デメリットを紹介しました。

やっぱり、安定という面で見れば、圧倒的にサラリーマンです。

ただし、サラリーマンは、会社が絶対に潰れないであろう時代は良かったと思います。

しかし、これからは会社がいつ潰れてもおかしくない時代です。

あなたは、どちらサラリーマンとフリーランス、どちらを選びますか?

僕は、副業を初めて、いつでもサラリーマンをやめられる体制をとってきました。

その方法を知りたい方は、ぜひメルマガに登録して、
副業のやり方を学んでください。

https://form.os7.biz/f/411f13d4/

セミナー講師としてのデビュー戦にご協力ください。 ワンコイン(500円)でご参加いただけます。

↓↓↓詳しくはコチラ↓↓↓
お願いがあります。 僕のセミナーデビュー戦に、ご協力頂けませんか?

https://w-a-c.jp/oncine

無料メルマガで「副業のヒント」を手に入れよう!

■ 友達が好きな車を買ってうらやましい…
■ ネットビジネスを独学でやってみたけど、全然結果が出ない…
■ 会社の業績が悪く、給料が上がらない…
■ 実家の家族は贅沢しているのに、なんで自分だけ苦しい思いをしなきゃいけないんだ…
■ 頑張って勉強しているのに、妻から「口ばっかり」と言われた…

もしあなたがこんな悩みを抱えているのならば、
無料メルマガに登録して、「副業起業」の方法を
手に入れてください。

サラリーマン・会社員
スポンサーリンク

年収アップしたい会社員の“本当にやりたいこと”で複数の収入源をつくる『複業プロデューサー』。

専門学校卒業後、都内で雑誌編集者として約5年勤務した後、Uターンで静岡へ。

その後、広告代理店の営業に転職するも、テレアポが苦手すぎて会社を転々とする。

「テレアポしない営業」を模索する中でマーケティングと出会い、マーケティングを利用した反響営業で、当時の会社の売上を前年比150%アップさせるも、社長が別の事業で失敗し、倒産。

その経験から、会社員でいることにリスクを感じ、『複業』として、給料以外に収入源を複数持つことを意識するようになる。

現在は、会社員として勤務しつつ、Webライターとして各種媒体への寄稿、そして会社員の複業プロデュースから集客コンサルティングを行い、選択肢と自由を持つ会社員を1000人輩出することを目標として活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました