fbpx

今年の忘年会はやる?やらない?

サラリーマン・会社員

将来に不安を感じている会社員の
本当にやりたいことを見つけ、新しい収入を生み出す
副業プロデューサーの豊永顕裕です。

先日、ふと思ったことがあります。

それは、

「そろそろ忘年会を意識し始めるシーズン」

ということ。

私が会社員時代は、
この時期になると社員旅行やら、
忘年会やら、新年会やらで、

「なんの仕事しとんねん!」

とツッコミたくなる仕事がたくさんありました。

でも、今年って基本的に、
人が集まる行事ってNGな雰囲気ありますよね?

忘年会とか新年会って、
まさに人が集まる行事ですが、
今年って会社員の人は忘年会、あるんですか??

スポンサーリンク

コロナ時代の忘年会

副業の教科書 読者登録フォーム





特に、幹事とかになると、
場所だとか、日程だとか、料理だとか、
たくさん調整する必要がありますよね。

コロナの今年は、
場所の確保だけでも大変そうですし、
日程調整も面倒そう。。。

そろそろ年末に向けて、
忙しくなりそうな予感です。

ただ、考えてもらいたいのが、
本当にその忘年会、参加する必要があるのか?
ということです。

もちろん、お付き合いとか、
会社の決まりとか、色々な都合はあるでしょう。

だけど、忘年会に出たって、
別に残業代が支払われるわけでもありません。

妻の会社に至っては、
毎月お給料から忘年会などの費用を
天引きされています(笑)。

もうこうなってくると、
よくわからない状態ですよね。

今年はコロナの影響もあり、
忘年会をやらない会社も増えるでしょう。

でも、もし会社がやるとなっても、
コロナの影響で断りやすいことも事実なはずです。

ぜひ今年は、忘年会を辞退してみてください。

案外、参加しなくても
誰も気にしてないものですよ。

副業の教科書 読者登録フォーム





無料メルマガで「副業のヒント」を手に入れよう!

■ 友達が好きな車を買ってうらやましい…
■ ネットビジネスを独学でやってみたけど、全然結果が出ない…
■ 会社の業績が悪く、給料が上がらない…
■ 実家の家族は贅沢しているのに、なんで自分だけ苦しい思いをしなきゃいけないんだ…
■ 頑張って勉強しているのに、妻から「口ばっかり」と言われた…

もしあなたがこんな悩みを抱えているのならば、
無料メルマガに登録して、「副業起業」の方法を
手に入れてください。

サラリーマン・会社員
スポンサーリンク

年収アップしたい会社員の“本当にやりたいこと”で複数の収入源をつくる『複業プロデューサー』。

専門学校卒業後、都内で雑誌編集者として約5年勤務した後、Uターンで静岡へ。

その後、広告代理店の営業に転職するも、テレアポが苦手すぎて会社を転々とする。

「テレアポしない営業」を模索する中でマーケティングと出会い、マーケティングを利用した反響営業で、当時の会社の売上を前年比150%アップさせるも、社長が別の事業で失敗し、倒産。

その経験から、会社員でいることにリスクを感じ、『複業』として、給料以外に収入源を複数持つことを意識するようになる。

現在は、会社員として勤務しつつ、Webライターとして各種媒体への寄稿、そして会社員の複業プロデュースから集客コンサルティングを行い、選択肢と自由を持つ会社員を1000人輩出することを目標として活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました