fbpx

ブランディングに必要な戦略は「特化」すること

ブランディングリピート率アップ

「ブランディング」という言葉をよく耳にします。

「私のお店もブランディングをしよう」と考える店舗経営者も多いのではないでしょうか。

しかし、ブランディングと言っても、どんなことをすれば良いのでしょうか?

ポイントは、「特化」ということなのです。

反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

スポンサーリンク

あなたの「得意」に「特化」する

得意

ブランディングをする上で大切なのが、1つのものに「特化」するということです。

もちろん、それしかしてはいけない…ということではなく、対外的に「その分野の専門家」と見せることが、ブランディングの1番の近道です。

例えば、私ならば「店舗集客アドバイザー」として、店舗経営者へ向けた集客のコンサルタントをしています。

わかりやすいのが飲食店で、「洋食屋さん」よりも「イタリア料理専門店」「フランス料理専門店」の方が、よりわかりやすいですよね。

私の住んでいる地域には「オムライス専門店」を掲げるお店もあります。
当然、オムライスしかメニューにない…と思いきや、パスタなどのメニューの用意されています。

しかし、来店するほとんどの人が、オムライスを注文するわけです。

これは、より自分の「得意」な分野に「特化」すると、高い効果を発揮します。

あなたが「特化」できる強みは何ですか?

自己分析

あなたが自身の強みを理解し、全面的に押し出すことで、より「特化」したブランディングを行うことができます。

塾講師ならば、教科を絞ってPRしたり、治療院ならば症状にフォーカスしてみたり。

ブランディングの考え方はたくさんあります。

まずは、あなたが「特化」できる強みをしっかり考えてみると良いでしょう。

反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

テスト

準備中

リピート率アップ
スポンサーリンク

年収アップしたい会社員の“本当にやりたいこと”で複数の収入源をつくる『複業プロデューサー』。

専門学校卒業後、都内で雑誌編集者として約5年勤務した後、Uターンで静岡へ。

その後、広告代理店の営業に転職するも、テレアポが苦手すぎて会社を転々とする。

「テレアポしない営業」を模索する中でマーケティングと出会い、マーケティングを利用した反響営業で、当時の会社の売上を前年比150%アップさせるも、社長が別の事業で失敗し、倒産。

その経験から、会社員でいることにリスクを感じ、『複業』として、給料以外に収入源を複数持つことを意識するようになる。

現在は、会社員として勤務しつつ、Webライターとして各種媒体への寄稿、そして会社員の複業プロデュースから集客コンサルティングを行い、選択肢と自由を持つ会社員を1000人輩出することを目標として活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました