fbpx

ブランディングはコンセプトを重視すべき

リピート率アップ

「ブランディング」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

ブランディングとは「●●と言えばあのお店!」と言われるような、ロゴやデザイン、キャッチコピーなど、すべてに統一感をもたらす施策のことを指します。

「ブランディングを大切に」
「もっとブランディングすべき」

というような使い方をされますが、そもそもブランディングを正しく行うためには、しっかりとコンセプトを決める必要があります。

今回は、ブランディングはコンセプトを重視すべき…というお話をしていきます。

反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

スポンサーリンク

あなたのお店のコンセプトは?

そもそも「ブランディング」はどんなことをするのでしょうか?

実は、ブランディングとは「これをすること」という概念はありません。

あるのは、「すべての行動をブランディングを念頭に行う」ということです。

もっとも大切な考え方は「誰に・何を」売るのかということです。

ブランディングを行う前にまず決めたいことは、あなたのお店の「コンセプト」です。
コンセプトとは、「考え方」や「概念」のこと。

例えば、私の場合のコンセプトは「店舗型ビジネスの集客を伝える」ことがコンセプトになります。

そこで、このサイト名を「店舗集客の教科書」とし、教科書のように、困った時に見れば解決できるようなブランディングを行い、情報を発信しているわけですね。

コンセプトを明確にしよう

つまり、あなたのお店がブランディングを行いたいならば、まずはコンセプトを明確にすることが必要となります。

例えば整骨院ならば、「青少年のスポーツ選手の成長を手助けする」がコンセプトで、ブランディングは「子供のスポーツトレーナー」とかにします。

そして、発信する内容は、すべて子供がどうやって自身の体をケアするべきなのか、親がどうやってサポートするのかという内容。

見た目も、いわゆる「スポーツトレーナー」と呼ばれる、憧れられるくらいの見た目にするようにしましょう。

こういった、コンセプトに沿って、すべてのことを決めていく作業が、ブランディングにつながるのです。

反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

無料メルマガで「副業のヒント」を手に入れよう!

■ 友達が好きな車を買ってうらやましい…
■ ネットビジネスを独学でやってみたけど、全然結果が出ない…
■ 会社の業績が悪く、給料が上がらない…
■ 実家の家族は贅沢しているのに、なんで自分だけ苦しい思いをしなきゃいけないんだ…
■ 頑張って勉強しているのに、妻から「口ばっかり」と言われた…

もしあなたがこんな悩みを抱えているのならば、
無料メルマガに登録して、「副業起業」の方法を
手に入れてください。

リピート率アップ
スポンサーリンク

年収アップしたい会社員の“本当にやりたいこと”で複数の収入源をつくる『複業プロデューサー』。

専門学校卒業後、都内で雑誌編集者として約5年勤務した後、Uターンで静岡へ。

その後、広告代理店の営業に転職するも、テレアポが苦手すぎて会社を転々とする。

「テレアポしない営業」を模索する中でマーケティングと出会い、マーケティングを利用した反響営業で、当時の会社の売上を前年比150%アップさせるも、社長が別の事業で失敗し、倒産。

その経験から、会社員でいることにリスクを感じ、『複業』として、給料以外に収入源を複数持つことを意識するようになる。

現在は、会社員として勤務しつつ、Webライターとして各種媒体への寄稿、そして会社員の複業プロデュースから集客コンサルティングを行い、選択肢と自由を持つ会社員を1000人輩出することを目標として活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました