広告の内容に煮詰まったときは作業を細分化させる

マネージメント

集客のために広告を出したいけど、どんな情報を書いていいのかわからない。

集客に苦戦する1つの要因に挙げられるお悩みですよね。

内容なんて考えられない!」

そんな経験が1度でもあるあなたのために、広告内容を考えるときのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

内容を考えられないなら作業を細かく分けよう

広告の内容を考えると睡魔に襲われたり、気晴らしにYouTubeを見てしまったりなど、なんやかんや集中できないってこと、あると思います。

結論から言えば、これって「考える」という作業と「書く」という作業と「整える」という作業を一緒にしてしまうからです。

この全ての作業というのは、分業するというのが正解です。

なので、「広告の内容を考えよう」というときは、まず「どんなメッセージにする」かを考えます。

そこで一旦ブレイクし、次に伝えるメッセージの内容を書き出します。

そして実際に書いてみて、その後に読みやすい文章に整えるというステップを踏んで考えると、広告をスムーズに制作できるようになります。

多くの人が作れない理由として、全てを同時進行でやろうとすることが原因です。

1つ1つの作業ボリュームを小さくすることができれば、頑張れば1日でできますし、上記のステップを1日ずつこなすとしても4日間で制作可能です。

また、このように作業を分けておけば、これらを得意な誰かに部分的に依頼することも可能です。

あなたの時間効率をアップするためにも、作業を分けるというのはとても大切な考え方なのです。

7日間店舗集客基礎講座はこちらから

店舗集客にお困りの経営者へ

7日間の無料メール講座で、店舗集客の基礎を学びませんか?

今なら、【反響のあるチラシのテンプレート】を無料でプレゼント。

マネージメント
スポンサーリンク

店舗集客の代行業。

オープンしたばかりのカフェやイタリアンなどの飲食店をはじめ、開業15年を誇る治療院などの集客代行を得意とする。

また、売上や粗利をアップさせるために、マーケティングコンサルタントとしても活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
店舗集客の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました