客単価アップ

客単価を上げるためには商品のターゲットを設定する

狙い撃ち

客単価を数百円アップさせるためには、売値を上げたり、たくさんの商品を購入してもらわないとならない。
そんな風に勘違いしていないだろうか?

そのために、メニューの開発を行ったり、新しいセットを作ったり。
稀にいるのが、客単価に囚われすぎてしまい、原価を無視した単価を設定している店舗もある。

前回の「客単価をアップさせる超簡単なたった1つの方法」に続いて、今回も客単価をアップさせる方法を教えよう。

今回のテーマは「ターゲットを設定する」ことだ。

続きを読む

客単価をアップさせる超簡単なたった1つの方法

お肉

今より客単価を上げたい!

そう考える店舗オーナーは多いだろう。

今回は、客単価をすぐにアップさせることのできる、簡単な方法をお伝えする。
この方法を実践すれば、短期間で希望している客単価にすることができるだろう。

続きを読む

飲食店は原価で売価を決めるのはナンセンスな3つの理由と正しい売価のつけ方

コーヒー

飲食店のオーナーならば「飲食店の原価率は30%」と聞いたことがあるだろう。

しかし、世の中には、1杯300円のコーヒーを提供する店もあれば、1杯4500円のコーヒーを提供する店もある。

このコーヒーの原価が、15倍も差があるのか?
味に15倍も差があるのか?

と聞かれれば、おそらくほとんどの場合が「NO!」と答えるだろう。

つまり、世の中にはある種迷信のように「原価率30%」を信じている人がいる一方、そのセオリーを無視したお店も多いということだ。
そして、このセオリーを無視したお店こそ、成功しているのも事実だ。

今回は、飲食店が原価から売価を決めるのがナンセンスな理由と、正しい売価のつけ方をご紹介する。
これを身につければ、利益を生み出す商品を作り出すことができるだろう。

続きを読む

飲食店の売上が伸びないときのたった1つのチェックポイント

掃除

From:トヨナガアキヒロ

味も美味しいし、接客も抜群。
いいお店だと評判の飲食店が、なぜか閉店してしまった。

そんなお店を見たことはないだろうか?

このようなお店の多くは、繁盛しているように見えて、実は売り上げが伸び悩んでいる傾向にある。

なぜ、評判が良いのに閉店に繋がってしまうのか。
実は、意外なほど「単純な」原因である場合もあるのだ。

続きを読む