売上アップ

スポンサーリンク
売上アップ

「広告費がもったいない」このセリフ、言ってない?

「広告費がもったいない」こんなセリフを、今まで口にしたことはありませんか?本来ならば広告費とは、かけるべきものなのです。広告費がもったいないから広告をしないというの人は、人件費がもったいないから人を雇わないという発想と同じということを理解しましょう。
売上アップ

最大風速的な集客は長く続かない

単月でマックスの売上を出すことより、毎月コツコツと売り上げる。集客においてはこの考え方がとても重要になるのです。
売上アップ

手段と目的を明確にしよう

「紳竜の研究」という動画を観たことがありますか?観たことがない人は、ぜひ一度観て欲しいと思います。お笑いの世界で成功した方法を語っている動画ですが、集客でも全く同じことが使えるのです。
売上アップ

小さくても良いから1番になる

どんなに素晴らしい商品を扱っていても、お客さんにとって「違い」が感じられなければ、二番煎じになってしまう可能性があります。「差」ではなく「違い」を生み出す。これがとても重要なのです。
売上アップ

次はどんな手を打つのか、最初に設計図を組み立てる

お客さんが来なくてどうしよう・・・。というような感じで、慌てて集客していませんか?慌てて集客しても、うまくいかない可能性が高いです。では、そうならないためにどうするか、という話ですが、答えは簡単。最初から決めておくことです。
売上アップ

今日がヒマなら明日のために行動する

1日の中でヒマな時間ってありますよね。この時間にスマホのゲームをするのか、明日の集客につながっていくことをやるのかで、あなたが稼ぎたい時給を達成できるかどうかが変わってきますよ。
売上アップ

ベネフィットを与えることでお客さんは来てくれる

ベネフィットを与える。商品やサービスを提供することで、お客さんはどんな利益を得ることができるのかということを、しっかりと明確に伝えることが大切です。それが伝えられないと、価格競争などに巻き込まれてしまうのです。
売上アップ

YouTuberと店舗集客の共通点

最近、YouTuberと呼ばれる人たちの動画をたくさん見ています。見ていて感じるのは、みんな「普通の人」だなーということ。そして、普通の動画でも成り立っているということ。彼らの初期を見ていると、やっぱり体を張ったりなんだかんだ努力しているのです。
売上アップ

ホームページからの問い合わせを増やしたい時の3つの改善ポイント

ホームページからの問い合わせが無くて困っている。そんな時に改善したいポイントは3つです。文章の改善、キーワードの改善、伝える相手を明確にすること。そして、発信し続けること。これらを行うことができれば、3ヶ月で改善することができるでしょう。
売上アップ

集客とは?具体的な集客の20の方法 マーケティングとの違いも解説

集客とは、「お客さんを集める」作業のことを言います。また、集客に近い言葉として、マーケティングという言葉も使われます。どちらも目的は「お客さんに商品を買ってもらうため」なので、混同しがちですが、明確な違いがあるのです。20個の集客方法と一緒にご紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました