どうせやるなら楽しい方が良い。それが仕事だ!

スタンプカードマネージメント

実はつい最近、妻が転職しました。

結婚する前は広告関連の仕事、結婚して静岡に来てからは事務員として働いていたのですが、再度広告関連の仕事に就くことに。

自分の得意分野だと思っている反面、7年くらいのブランクはやっぱり大きいようで。

毎日「疲れたー」とか「もうダメダメや…」と、なかなか苦戦しています。

転職したことに対し、多少の後悔もあるようです。

でも、私から言わせると、事務員をやっていた時より、妻は生き生きしているんですね。

やっぱり、事務よりも広告関連の仕事の方が、楽しいんだと思います。

スポンサーリンク

せっかくなら楽しく、おもしろく仕事をしよう

私も、同じような経験があります。

それは、営業マン時代。

来る日も来る日もテレアポをする毎日。

全然アポも取れなくて、テレアポが嫌で嫌でたまりませんでした。

そのトラウマからか、今でも電話は嫌いです(笑)。

まあ、テレアポが嫌なので、どうしたらテレアポをしなくて済むかを必死で考えた結果、マーケティングに出会い、今はマーケティングが好きになっているので、テレアポの日々にも感謝しているのですが、私はテレアポが嫌だったので仕事を辞めました。

まあ、無責任かもしれませんが、社風とか仕事内容とか、どうしても嫌だと感じたら、やっぱり辞めたり、転職してもいいと思うんです。

それは経営者も同じで、今やっている仕事が楽しく無いと感じたり、毎日毎日、同じことを繰り返すことが苦痛と思うなら、別にサラリーマンに戻ってもいいはず。

不満ばかり言って、グチグチしながら毎日を生活するより、仕事のストレスがなく、楽しく毎日過ごした方が絶対良いわけですから。

もちろん、今の仕事を楽しくする努力は必要です。

でも、どんなに売り上げがアップしても、どんなにお金が手に入っても、やっていることがつまらないなら辞めた方が良い。

私はそう考えています。

妻が仕事を辞めたら、また報告します(笑)。

7日間店舗集客基礎講座はこちらから

店舗集客にお困りの経営者へ

7日間の無料メール講座で、店舗集客の基礎を学びませんか?

今なら、【反響のあるチラシのテンプレート】を無料でプレゼント。

マネージメント
スポンサーリンク

店舗集客の代行業。

オープンしたばかりのカフェやイタリアンなどの飲食店をはじめ、開業15年を誇る治療院などの集客代行を得意とする。

また、売上や粗利をアップさせるために、マーケティングコンサルタントとしても活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
店舗集客の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました