fbpx

チラシ集客に一発逆転はありません!

新規集客

チラシの内容をテストするのは、どのくらいの期間が目安ですか?

先日、チラシの勉強会でこのような質問を受けました。

私の答えは「チラシはずっとテストだと思ってください」というものです。

このように答えたら、結構みなさん「ポカーン」とした顔をしていたので(笑)、ちょっと解説しておきますね。

反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

スポンサーリンク

チラシの内容に「正解」はない

なぜ、ずっとテストなのか?というと、単純に全く同じ条件でチラシを配布できるということは、二度と訪れないからです。

例えば、今日あなたがチラシを配布したとしましょう。

このタイミングで、チラシを配れる日は、今後訪れますか?

1週間後?
2週間後?
1ヶ月後?
1年後?

いやいや、絶対に訪れませんよね?
強いて言うなら、過去にタイムスリップすれば可能ですが、そんなことはできません。

つまり、限りなく近い条件は整えることは可能でも、全く同じ条件を揃えることは不可能なんです。

だから、チラシは全てテスト。

条件を整えることで、反応率を読めるようにはなります。
だけど、全く同じチラシでも、全く同じ反応にはなりません。

ただ、ある程度、配布の枚数を増やしても良い目安の反応率として、1%を上回った段階とお伝えしています。

1%の反応を取れるチラシを配布すれば、100枚で1件、1000枚で10件、10000枚で100件の反応となります。

これくらいの反応が取れれば、赤字になることはまずありません。

ただ、10000枚配布しても、80件の反応しかない可能性もあるわけです。

だからこそ、10000枚の配布もテスト。
反応が下がった理由を考えて、改善し、再度配布する。

これを繰り返し、繰り返し行うことが、チラシで集客する一番の近道なのです。

反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

7日間店舗集客基礎講座はこちらから

店舗集客にお困りの経営者へ

7日間の無料メール講座で、店舗集客の基礎を学びませんか?

今なら、【反響のあるチラシのテンプレート】を無料でプレゼント。

新規集客
スポンサーリンク

店舗集客の代行業。

オープンしたばかりのカフェやイタリアンなどの飲食店をはじめ、開業15年を誇る治療院などの集客代行を得意とする。

また、売上や粗利をアップさせるために、マーケティングコンサルタントとしても活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました