fbpx

チラシのタイトルで伝えるべき3つの内容

新規集客

お久しぶりです。トヨナガです。
今日から10月ということで、ブログを再開します。

更新していない期間、何をしていたのか…という話は、また時期を改めてご報告させていただきます。

さて、今日はチラシを作成する時に、一番大切な「タイトル」についてのお話です。

タイトルを作成する時、3つの内容がしっかりと伝わっているか、チェックしてみてください。
反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

スポンサーリンク

チラシのタイトルは3つの要素を伝える

チラシを作成する際に、最も重要なものは「タイトル」になります。

タイトルでどれだけ人の目を惹くことができるのかをとにかく考えてください。

逆に、タイトルで人の目を惹くことができなければ、どんなに魅力的なキャンペーンを案内するチラシでも、見てもらえる可能性はグンっと下がってしまいます。

そのくらい、タイトルは重要な部分となります。

では、タイトルにはどんな内容を入れるべきなのかというと、3つの要素が入っている必要があります。

  1. キャンペーンの内容
  2. キャンペーンの需要なポイント
  3. 特定のターゲットが伝わる

このブログで何度もお伝えしているように、チラシはラブレターと一緒です。

不特定多数」ではなく、「たった一人」のために作ることが、結果として効果の出るチラシを作成する最も効果的な作り方となります。

関連記事:広告は「ラブレター」を書くつもりで作る!簡単な3つのポイントを解説

次に大切なのは、チラシに掲載しているキャンペーンが、そのターゲットにとってどれだけ魅力的なのかをしっかりと伝えるということです。

これは、少しテクニックが必要で、タイトルを見たターゲットが「もっと読みたい!」と思うくらいの内容にしなければなりません。

例えば整骨院の場合。

「慢性的な腰痛の本当の原因を知りたくありませんか?」とか「毎日の家事で痛めた体をケアする方法。」みたいな内容は、キャンペーン自体に内容については触れていませんが、腰痛という悩みを持つターゲットにとっては、「読んでみたい!」と思わせるものですよね。

もしくは、「初回無料で施術します!」と大々的に大きく謳ってみて、キャンペーンの内容を続いて書き出すのも、読ませる技術です。

3つの全ての要素を入れることが理想ですが、それだとスペース的に厳しかったり、長くなりすぎてしまう可能性があります。
そんな時は、どれか1つでもしっかりと入っているのか、まずはチラシをチェックしてみてください!

反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

無料メルマガで「副業のヒント」を手に入れよう!

■ 友達が好きな車を買ってうらやましい…
■ ネットビジネスを独学でやってみたけど、全然結果が出ない…
■ 会社の業績が悪く、給料が上がらない…
■ 実家の家族は贅沢しているのに、なんで自分だけ苦しい思いをしなきゃいけないんだ…
■ 頑張って勉強しているのに、妻から「口ばっかり」と言われた…

もしあなたがこんな悩みを抱えているのならば、
無料メルマガに登録して、「副業起業」の方法を
手に入れてください。

新規集客
スポンサーリンク

年収アップしたい会社員の“本当にやりたいこと”で複数の収入源をつくる『複業プロデューサー』。

専門学校卒業後、都内で雑誌編集者として約5年勤務した後、Uターンで静岡へ。

その後、広告代理店の営業に転職するも、テレアポが苦手すぎて会社を転々とする。

「テレアポしない営業」を模索する中でマーケティングと出会い、マーケティングを利用した反響営業で、当時の会社の売上を前年比150%アップさせるも、社長が別の事業で失敗し、倒産。

その経験から、会社員でいることにリスクを感じ、『複業』として、給料以外に収入源を複数持つことを意識するようになる。

現在は、会社員として勤務しつつ、Webライターとして各種媒体への寄稿、そして会社員の複業プロデュースから集客コンサルティングを行い、選択肢と自由を持つ会社員を1000人輩出することを目標として活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました