チラシのタイトルで伝えるべき3つの内容

新規集客

お久しぶりです。トヨナガです。
今日から10月ということで、ブログを再開します。

更新していない期間、何をしていたのか…という話は、また時期を改めてご報告させていただきます。

さて、今日はチラシを作成する時に、一番大切な「タイトル」についてのお話です。

タイトルを作成する時、3つの内容がしっかりと伝わっているか、チェックしてみてください。

スポンサーリンク

チラシのタイトルは3つの要素を伝える

チラシを作成する際に、最も重要なものは「タイトル」になります。

タイトルでどれだけ人の目を惹くことができるのかをとにかく考えてください。

逆に、タイトルで人の目を惹くことができなければ、どんなに魅力的なキャンペーンを案内するチラシでも、見てもらえる可能性はグンっと下がってしまいます。

そのくらい、タイトルは重要な部分となります。

では、タイトルにはどんな内容を入れるべきなのかというと、3つの要素が入っている必要があります。

  1. キャンペーンの内容
  2. キャンペーンの需要なポイント
  3. 特定のターゲットが伝わる

このブログで何度もお伝えしているように、チラシはラブレターと一緒です。

不特定多数」ではなく、「たった一人」のために作ることが、結果として効果の出るチラシを作成する最も効果的な作り方となります。

関連記事:広告は「ラブレター」を書くつもりで作る!簡単な3つのポイントを解説

次に大切なのは、チラシに掲載しているキャンペーンが、そのターゲットにとってどれだけ魅力的なのかをしっかりと伝えるということです。

これは、少しテクニックが必要で、タイトルを見たターゲットが「もっと読みたい!」と思うくらいの内容にしなければなりません。

例えば整骨院の場合。

「慢性的な腰痛の本当の原因を知りたくありませんか?」とか「毎日の家事で痛めた体をケアする方法。」みたいな内容は、キャンペーン自体に内容については触れていませんが、腰痛という悩みを持つターゲットにとっては、「読んでみたい!」と思わせるものですよね。

もしくは、「初回無料で施術します!」と大々的に大きく謳ってみて、キャンペーンの内容を続いて書き出すのも、読ませる技術です。

3つの全ての要素を入れることが理想ですが、それだとスペース的に厳しかったり、長くなりすぎてしまう可能性があります。
そんな時は、どれか1つでもしっかりと入っているのか、まずはチラシをチェックしてみてください!

反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

7日間店舗集客基礎講座はこちらから

店舗集客にお困りの経営者へ

7日間の無料メール講座で、店舗集客の基礎を学びませんか?

今なら、【反響のあるチラシのテンプレート】を無料でプレゼント。

新規集客
スポンサーリンク

店舗集客の代行業。

オープンしたばかりのカフェやイタリアンなどの飲食店をはじめ、開業15年を誇る治療院などの集客代行を得意とする。

また、売上や粗利をアップさせるために、マーケティングコンサルタントとしても活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
店舗集客の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました