チラシを作る時は「お客さんにわかりやすく」伝えることが大切

新規集客

来客してくれたお客さんに対して、分かりやすい言葉を意識して使っていますか?

これ、接客の時もですが、チラシを作るときも一緒です。

誰にでもわかる言葉を使う、お客さんが利用しているイメージを持てるように伝えることが、チラシ集客のキモなのです。

スポンサーリンク

お客さんが理解できない言葉は絶対使っちゃダメ!

IT関連の企業さんとやりとりするときに非常に多いのですが、

「●●でコンセンサスを取って・・・」とか「このプロットを●●で・・・」とか、必要以上に横文字をつかう人。

別に、意味がわからないわけではないですが、別に日本語でもいいじゃんと思ってしまいます。

でも、多分この相手は悪気があるわけではなくて、それが日常であり、そういう言葉を使う人が周りにいるから、その言葉のチョイスが「普通」になるわけです。

こういう「気が付かない違和感」って、誰でも与えてしまいがちなものです。
あなたも、わたしも。

なので、私は常に、お客さんへメッセージを発信する時は「誰でも分かる言葉を使う」ことを意識しています。

これ、お客さんと接する際に、とても重要なポイントでして、人は理科ができない言葉、イメージが湧かない言語が入ってくると、思考停止に陥ります。

例えば、道で外国人に道を聞かれた時をイメージしてください。

相手の言語が英語だったら、なんとなくの単語を拾って、こちらも知りうる単語とジェスチャーで伝えようと努力することができますよね。

では、相手の言語がカミラロイ語だったらどうでしょう?

そもそも、理解することができないですし、カミラロイ語自体を知らないので、相手とのコミュニケーションを拒否してしまうのではないでしょうか。

この「なんとなくわかる」と「まったくわからない」は、実際の知識差はそこまで大きくないでしょうが、与える印象や感情には雲泥の差があります。

チラシはラブレターと一緒で、特定の人に差し出すつもりで書くと何度も言っているので、伝えたい相手がいつも使っている言葉なら使っても良いですが、そこまでイメージできない、知らないのであれば、原則として「小学生でも理解できる」言葉を使った方が、チラシの反応は高くなります。

一方で、既存客向けに送るDMやメールはまた別。

相手の知識は新規のお客さんより豊富なので、理解しているはずの専門用語を適度に使った方が、より相手にイメージさせることができますよ。

反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

7日間店舗集客基礎講座はこちらから

店舗集客にお困りの経営者へ

7日間の無料メール講座で、店舗集客の基礎を学びませんか?

今なら、【反響のあるチラシのテンプレート】を無料でプレゼント。

新規集客
スポンサーリンク

店舗集客の代行業。

オープンしたばかりのカフェやイタリアンなどの飲食店をはじめ、開業15年を誇る治療院などの集客代行を得意とする。

また、売上や粗利をアップさせるために、マーケティングコンサルタントとしても活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
店舗集客の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました