接客レベルを上げるなら外部のコンサルタントを入れろ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたのお店が長く続くには、売上を安定して上げることと、集客の仕組み化は必須です。

が、長く続くことのマイナス面もあります。

それは「マンネリ化」です。

長く安定して続くお店では、従業員も長く働いていることが多いです。

それこそ、10年とか、それくらい勤続している人もいるでしょう。

地方ではさほど珍しいことではなく、もちろん長く続けていることで常連さんを把握しており、気の利いたサービスが提供できるというメリットもあるでしょう。

一方で、対外的に見た場合の接客レベルは、低レベルと言わざるを得ないくらい低いという場合もあります。

このような状況を変えたい、と感じている経営者には、外部コンサルタントを入れることをおすすめします。

社内の空気を変えるのは外部から

中小規模のお店や企業では、人の入れ替えが激しい一方で、長年勤めている人も多いです。

そのような環境を作り上げた経営者は素晴らしいですが、少し俯瞰して見てみましょう。

中小規模のお店や企業は、社長(経営者)のパワーが一番の推進力です。

どんなに優秀な社員がいたとしても、社長ほどの熱意を持って仕事をしてくれる人はいません。

そこで起こり得ることが「社員が社長のために仕事をしている」という状況です。

ビジネスとは本来、お客さんのためにサービスや商品を提供すべきです。
その対価として、お金を得るわけですから。

しかし、中小規模のお店や企業の場合、社員は「社長の気分を損なわないこと」を目的に仕事をします。

社長がめちゃくちゃ優秀ならばこれでもいいですが、ただのワンマン経営だった場合、これは致命的ですよね。

そして、長年勤めている社員が多ければ多いほど、このような風習は顕著に出ます。

それが、「普通」となってしまい「違和感」を感じる人がいない、いても指摘できない雰囲気なわけです。

このような風習では、会社も社員もお客さんも成長することができません。

でも、これを内部から変えるというのはなかなか難しいもの。

だからこそ、外部の人間を迎え入れることが重要なのです。

社員のレベルを上げるなら外部からコンサルタントを入れるべき

なぜ、外部の人間を入れるべきなのか。

それは、社内では甘えが出るというのが一つ。
もう一つは、新しいことをすると当然反発が出るので、外部からコンサルタントを入れることで、いい意味で悪者になってもらうことも必要です。

特に、社歴が長い人が多い組織は、根本的な原因が「マンネリ」だったりすることも珍しくありません。

なので、外部からコンサルタントを入れることはめちゃくちゃ重要。

自分は俯瞰してみているつもりでも、裸の王様になっていることもありますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

7日間無料メールレッスンのご案内

店舗集客の悩みを解消する【7日間無料メールレッスン】実施中!

  • オープンしたばかりで何をしていいのかわからない
  • ほとんど広告をしてこなかったけどさすがにマズイと感じている
  • やらなければならないことはわかっているけれど、忙しくて手が回らない

どれか1つに当てはまる人は、ぜひ7日間無料メールレッスンへご登録ください。

明日から誰でも簡単に実施できる、店舗集客の極意をお届けします。


レッスンに参加する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*