fbpx

無料コンテンツを作るときの3つの王道パターン

新規集客

集客の基本は「GIVEしてGIVEしてGIVEする」こと。

最近は、まずたくさん与える。
そしてようやく集客につながる…なんて言われますよね。

無料コンテンツを作ることを伝えると、「どこまで伝えればいいのか」と聞かれることがあります。

確かに、あなたがこれまで培ってきた知識やノウハウを伝えるわけですから、当然出し惜しみしたいという気持ちはありますよね。

そこで今回は、無料で発信する情報は、どこまで発信すれば良いのかについて、お話しします。
反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

スポンサーリンク

無料で提供するコンテンツには3つの考え方がある

集める

結論から言えば、別に出し惜しみする必要はありません、というのが、私の考えです。

というのも、出し惜しみしようがしまいが、お客さんは情報をすべて咀嚼し、実践してくれることはありえないからです。

なので、情報をどこまで出すか、という部分は、実はそこまで気にしなくても良いのです。

しかし、そうは言っても、ある程度の考え方の基準は欲しいですよね。

そこで、私が提案しているのは以下の3つのパターンです。

  1. キツイ階段パターン
  2. 途中で休憩パターン
  3. WHAT HOWパターン

それぞれ解説します。

1.キツイ階段パターン

明確なゴールを見せてあげて、そこに到達するための道筋は伝えるけど、1つ1つの段差を大きくするパターンです。

例えば、「腰痛改善するための体づくり」をゴールとしましょう。

  • ステップ1.日々ストレッチをする
  • ステップ2.食事改善
  • ステップ3.筋トレ

ここまでを明確に伝え、それぞれのやり方について、詳細を知りたければ実際に来店してもらうというやり方です。

2.途中で休憩パターン

明確なゴールを見せるのは、パターン1と同じなのですが、ステップについては途中までしか見せない、というパターンです。

「腰痛改善するための体づくり」をゴールにした場合、パターン1のステップよりもっと細かく分けます。

  • ステップ1-1.足のストレッチ
  • ステップ1-2.肩のストレッチ
  • ステップ1-3.腰のストレッチ
  • ステップ2-1.・・・・・

というように見せて、ストレッチより先のステップについては、来店してくださいねという伝え方をします。

3.WHAT HOWパターン

もっとも作りやすいパターンが、WHAT HOWパターンです。

簡単に言えば、「何を」「どのように」を伝える上で、「何を」のみ伝え、どのようには実際に足を運んでもらうというやり方です。

「腰痛改善するための体づくり」は「WHAT」になります。

腰痛を改善しないことでどんなデメリットがあるか、改善するとどんな明るい未来が待っているかを伝えます。

改善したい人は、来店してくれたら、腰痛改善の体づくりを徹底サポートしますよ、と伝えます。

ただ、この場合WHATが見込み客にとって新しいものである、というのが大切なポイントになります。

例えば「腰痛の原因は立ち方を改善すれば治る」とか、比較的新しいWHATですね。

無料コンテンツを作るときは、これら3つのパターンに当てはまっているかどうかを意識しましょう。
反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

無料メルマガで「副業のヒント」を手に入れよう!

■ 友達が好きな車を買ってうらやましい…
■ ネットビジネスを独学でやってみたけど、全然結果が出ない…
■ 会社の業績が悪く、給料が上がらない…
■ 実家の家族は贅沢しているのに、なんで自分だけ苦しい思いをしなきゃいけないんだ…
■ 頑張って勉強しているのに、妻から「口ばっかり」と言われた…

もしあなたがこんな悩みを抱えているのならば、
無料メルマガに登録して、「副業起業」の方法を
手に入れてください。

新規集客
スポンサーリンク

年収アップしたい会社員の“本当にやりたいこと”で複数の収入源をつくる『複業プロデューサー』。

専門学校卒業後、都内で雑誌編集者として約5年勤務した後、Uターンで静岡へ。

その後、広告代理店の営業に転職するも、テレアポが苦手すぎて会社を転々とする。

「テレアポしない営業」を模索する中でマーケティングと出会い、マーケティングを利用した反響営業で、当時の会社の売上を前年比150%アップさせるも、社長が別の事業で失敗し、倒産。

その経験から、会社員でいることにリスクを感じ、『複業』として、給料以外に収入源を複数持つことを意識するようになる。

現在は、会社員として勤務しつつ、Webライターとして各種媒体への寄稿、そして会社員の複業プロデュースから集客コンサルティングを行い、選択肢と自由を持つ会社員を1000人輩出することを目標として活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました