今すぐできる!広告の反応をアップさせるたった1つの方法とは?

新規集客

あなたのお店を多くの人に知ってもらうために、いろいろな方法でアピールをします。

しかし、肝心のメッセージを読んでもらえなければ、意味がありませんよね。

例えば、ブログを毎日更新しても、毎日アクセスが0だとしたら。それは、宣伝ではなくただの日記になってしまいます。

だから、読んでもらうためにどうしたらいいのか、という視点を常に持つことは、とても大切。

そこで今回は、どうやったらあなたの発信したメッセージを読んでもらえるようになるのか、教えちゃいます。

ズバリ、大切なのはキャッチコピーです。

スポンサーリンク

多くの人に読んでもらいたいならばキャッチコピーを上達させよう

結論から言えば、キャッチコピーが失敗したら、その広告は誰にも読まれません。

それくらい、キャッチコピー大切。

あなたはこの記事を読んでいるわけですが、いきなり本文から読み始めましたか?

タイトルに興味を惹かれたから、読み始めましたよね?

ブログならタイトル。
メルマガなら件名。
チラシなら一番大きい文字。

ここのコピーが失敗すれば、あなたがどんなに素敵な内容を書いていても、それは読んでもらえません。

逆に言えば、キャッチコピーさえしっかりしていれば、本文が拙かったとしても、とりあえず読んでもらうことができるわけです。

キャッチコピーは盛り盛りでOK

キャッチコピーの目的は、本文を読ませることです。

なので、事実をめちゃくちゃ盛ってもOK。
なんなら、ウソでもいいですよ。

ただし、本文でしっかり謝ってくださいね。

SEOなどを意識すると、キーワードを入れたりすることが重要です。

しかし、あなたの情報を必要な人に伝えたいのであれば、本文をしっかりと読んでもらうことが大切です。

例えば、

「イチロー選手にインタビューに答えてくれました!」

引退会見、観ましたか?
僕は、現地に行った…つもりになって、動画を止めてインタビューしていました(笑)。

みたいに、ウソではないけど、本当でもないことを書いて、興味を惹くわけです。

キャッチコピーに時間をかけよう

キャッチコピーには、とにかく一番時間をかけましょう。

実際に作業は本文を書くほうがかかるかもしれません。

でも、頭に汗をかく作業は、絶対キャッチコピーにするべし!

簡単な話、あなたがどんなに良い内容を書いても、ほとんど読んでくれる人はいません。

人が読んでくれるのは、文字の大きいところです。

  • タイトル
  • 見出し
  • 太字

これらで興味を惹かれた人が、なんとなーく本文を読んでくれます。

だから、誤字脱字のチェックに時間をかけるより、とにかくキャッチコピーに注力する。

もし、反応が悪かった広告があったら、キャッチコピーを魅力的にしてみましょう。

それだけで、反応変わるから。

7日間店舗集客基礎講座はこちらから

店舗集客にお困りの経営者へ

7日間の無料メール講座で、店舗集客の基礎を学びませんか?

今なら、【反響のあるチラシのテンプレート】を無料でプレゼント。

新規集客
スポンサーリンク

店舗集客の代行業。

オープンしたばかりのカフェやイタリアンなどの飲食店をはじめ、開業15年を誇る治療院などの集客代行を得意とする。

また、売上や粗利をアップさせるために、マーケティングコンサルタントとしても活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
店舗集客の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました