クーポンは2度目の来店を促すことに全力を注げ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フリーペーパーやチラシといった新規集客でクーポンをつけているお店は多いでしょう。

また、次回の来店を期待して、お会計の時にクーポンを手渡してるお店もあります。

私の大好きなうどん屋さんでも、お会計をすると「無期限の50円引きチケット」を手渡してくれます。

すごく嬉しいのですが、実際に使ったことは1回しかありません。

なぜか?

だって、有効期限がないので、いつ行ってもいいやとなると、結局お財布から出して何処かにしまってしまうから。
あなたのお店でも、同じミスをしていませんか?

クーポンを使う意味を考えよう

そもそも、クーポンをなんとなく発行しているお店が多いように感じます。

なんのためにクーポンを発行するのか、しっかりとプレゼンできるお店は少ないでしょうね。

「どこのお店もやっているから」
「お客さんが喜ぶんじゃない?」

あなたもこんな考えで、クーポンを発行していませんか?

これ、医療院やスクールで導入されている回数券も一緒。

なぜそれをやるのかを考えずに、なんとなく導入しているお店が多いです。

でも、目的をしっかりと考えた上で色々な施策を取り入れなければ、結局どれも効果があるのかないのか、わからないということになってしまいます。

クーポンは2度目の来店を促すために全力を注げ!

では、クーポンはなんのためにやるのか。

店舗型ビジネスにおいて、クーポンは「2度目の来店を促すため」にやるべきだと、私は伝えています。

チラシやフリーペーパーで集客しても、なかなかリピートにつながらない理由は、2度目の来店動機がないからです。

無いなら作ってあげればいい。

だから、クーポンを発行して、また来てねと伝えるのです。
ということは、クーポンの有効期限はあったほうが良いですよね。

しかも、なるべく短く。

クーポンを含めて販促とは、お客さんにとって欲しい行動を促すためのツールです。

「誰にどんな行動をいつまでにとって欲しいのか」

これを明確にした上で、販促グッズを導入するように心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

7日間無料メールレッスンのご案内

店舗集客の悩みを解消する【7日間無料メールレッスン】実施中!

  • オープンしたばかりで何をしていいのかわからない
  • ほとんど広告をしてこなかったけどさすがにマズイと感じている
  • やらなければならないことはわかっているけれど、忙しくて手が回らない

どれか1つに当てはまる人は、ぜひ7日間無料メールレッスンへご登録ください。

明日から誰でも簡単に実施できる、店舗集客の極意をお届けします。


レッスンに参加する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*