クーポンは2度目の来店を促すことに全力を注げ!

2度目の来店率アップ

フリーペーパーやチラシといった新規集客でクーポンをつけているお店は多いでしょう。

また、次回の来店を期待して、お会計の時にクーポンを手渡してるお店もあります。

私の大好きなうどん屋さんでも、お会計をすると「無期限の50円引きチケット」を手渡してくれます。

すごく嬉しいのですが、実際に使ったことは1回しかありません。

なぜか?

だって、有効期限がないので、いつ行ってもいいやとなると、結局お財布から出して何処かにしまってしまうから。
あなたのお店でも、同じミスをしていませんか?

スポンサーリンク

クーポンを使う意味を考えよう

そもそも、クーポンをなんとなく発行しているお店が多いように感じます。

なんのためにクーポンを発行するのか、しっかりとプレゼンできるお店は少ないでしょうね。

「どこのお店もやっているから」
「お客さんが喜ぶんじゃない?」

あなたもこんな考えで、クーポンを発行していませんか?

これ、医療院やスクールで導入されている回数券も一緒。

なぜそれをやるのかを考えずに、なんとなく導入しているお店が多いです。

でも、目的をしっかりと考えた上で色々な施策を取り入れなければ、結局どれも効果があるのかないのか、わからないということになってしまいます。

クーポンは2度目の来店を促すために全力を注げ!

では、クーポンはなんのためにやるのか。

店舗型ビジネスにおいて、クーポンは「2度目の来店を促すため」にやるべきだと、私は伝えています。

チラシやフリーペーパーで集客しても、なかなかリピートにつながらない理由は、2度目の来店動機がないからです。

無いなら作ってあげればいい。

だから、クーポンを発行して、また来てねと伝えるのです。
ということは、クーポンの有効期限はあったほうが良いですよね。

しかも、なるべく短く。

クーポンを含めて販促とは、お客さんにとって欲しい行動を促すためのツールです。

「誰にどんな行動をいつまでにとって欲しいのか」

これを明確にした上で、販促グッズを導入するように心がけましょう。

7日間店舗集客基礎講座はこちらから

店舗集客にお困りの経営者へ

7日間の無料メール講座で、店舗集客の基礎を学びませんか?

今なら、【反響のあるチラシのテンプレート】を無料でプレゼント。

2度目の来店率アップ
スポンサーリンク

店舗集客の代行業。

オープンしたばかりのカフェやイタリアンなどの飲食店をはじめ、開業15年を誇る治療院などの集客代行を得意とする。

また、売上や粗利をアップさせるために、マーケティングコンサルタントとしても活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
店舗集客の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました