お客さんの目線を忘れない

あなたへ 売上アップ

あなたにとっての「仕事をしている目的」って考えたことはありますか?

  • 痛みに困っている人を救いたい
  • 青少年・少女の成長を少しでも手助けしたい
  • 後進を育成したい

色々な想いがあることでしょう。

でも、「仕事」を「ビジネス」として捉えた時、目的よりももっと大切なものがあります。

当然ですが、それは「利益」です。

あなたが、どんなに痛みに困っている人を助けたいと思っても、スポーツ少年の成長の手助けをしたくても、後進を育成したいと考えていても、お店に「利益」がなければできませんよね。

しかし難しいのが、「利益を出すこと」を目的にしてしまうと、なぜか利益は上がらないというジレンマがあることです。

このような現象は、なぜ起きるのでしょうか。

スポンサーリンク

「利益」を出す=自分のことしか考えていない

結論から言えば、「利益目的」というのは、主語が「僕」になってしまっているからです。

  • 売上をアップするためにはどうしたらいいのか
  • 集客するためには何を提供したらいいのか

これらを自問自答することは、とてもいいことです。

しかし、そこに必ず「お客さんの目線」がないと、利益はアップしません。

最初に述べた、あなたの思いも同じこと。

あなたの想いだけが強すぎても、患者さんや弟子は付いてきてくれません。

そこに、相手の気持ちと同調する必要があるわけです。

砂漠で水を売るのか、砂を売るのか

カフェ

よく挙げられる例えで話すと、砂漠で水を売るのは簡単という話です。

日本だったら、1本100円で購入できるペットボトルのお水を、砂漠へ持って行って500円で売るとしたら、あなたは売れますか?

もちろん、売れますよね。しかも簡単に。

そして、相手からは、例え500円だったとしても、ものすごく喜ばれることでしょう。もしかしたら、1,000円でも喜んで買う人もいるかもしれません。

では逆に、めちゃくちゃキレイな砂をあなたが10,000円で買ったとします。

それを同じく砂漠で売ろうと思ったら?売れますか?

答えはNOですよね。
多分、1円でも買ってくれる人を探すことは難しいでしょう。

タダでも怒られるかもしれません。

つまり、あなたが提供する商品やサービスの価値は、お客さんの状態によって変わってくるということなんです。

で、前者は、お客さんが求めているものをあなたが提供したのに対し、後者はあなたが提供したいものを提供しているわけですね。

どちらの方が、お客さん目線に立てているのかと言われれば、当然前者ですよね。

あなたも、想いが強すぎたり、利益を上げたいと強く思いすぎていて、同じことをしていませんか?

まずは、お客さんの目線に立ってみる。

簡単なようで、意外と難しいことです。

7日間店舗集客基礎講座はこちらから

店舗集客にお困りの経営者へ

7日間の無料メール講座で、店舗集客の基礎を学びませんか?

今なら、ペルソナシートを無料でプレゼント。

売上アップ
スポンサーリンク

店舗集客の代行業。

オープンしたばかりのカフェやイタリアンなどの飲食店をはじめ、開業15年を誇る治療院などの集客代行を得意とする。

また、売上や粗利をアップさせるために、マーケティングコンサルタントとしても活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
店舗集客の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました