ダイレクトメールを読んでもらうための大切なポイントとは?

ポストリピート率アップ

小さなお店の集客ツールとして使えるメディアの1つに「ダイレクトメール」があります。
つまり、普通の郵便物です。

ただ、知らない人からのメールやらなんやらって、あまり詳しく読んだりしませんよね。

なので、もしダイレクトメールを送るのであれば、封筒にちょっとした細工をすることをおすすめします。

スポンサーリンク

ダイレクトメールを読ませるには「ダイレクトメール」と思わせないことが大切

封筒

ダイレクトメールを読ませる時のポイントは以下の3つです。

  1. 差出人住所に会社名を書かない
  2. 封筒の中身は教えない
  3. 宛名は手書きで

つまり、ダイレクトメールではなく、普通の手紙だと思わせることが大切です。

ダイレクトメールを読んでもらうために考えなければならないことは、封を開けてもらうこと。
中身を書いてしまったり、宛名がラベルシールの場合は一瞬で「ダイレクトメールだな」と感じられてしまいます。

いかに、普通の手紙だと思わせるかが、とても重要なポイントです。

あなたも自宅にダイレクトメールが届いた時、営業の案内だと思ったら開封せずに捨ててしまうこと、ありますよね。

私も、最近よく送られてくるクレジットカードと保険の案内は、ほぼ開封せずに捨てます。
開封したとしても、中身が予想通りだったら、読まずに捨てますね。

あなたからのダイレクトメールも一緒。

だから、まずは「なんだこれ」と思わせて開いてもらうことが重要なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました