fbpx

「美味しいお店」と「美味しそうなお店」だったらあなたはどちらに足を運びますか?

リピート率アップ

あなたの本当にやりたいことを具現化する
夢・願望実現プロデューサーのトヨナガです。

毎週日曜日の夜にTBS系列で放送されている

「坂上&指原のつぶれない店」

という番組を見ていました。

銀だこの社長が、売れないイタリア料理店を
行列のできる料理店へ生まれ変わらせるという企画。

ちょっとおもしろいと思いつつ、
多くの店舗経営者がこのような悩みを抱えているんだと、
改めて実感しました。

反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

ただ、このお店。
接客にしろ、サービス提供にしろ、そもそも至らない点が多く、
今後、そういう所を直して、よい習慣にできるかどうかがキモかな、と。

さらに言えば、もっと

「リピートさせる仕組み」

を作るべきだったとも感じました。

お店がリニューアルし、さらにテレビで放送され、
銀だこの社長をはじめ、多くの人が「美味しい」と言っていたことで、
このお店は当分、行列が続くでしょう。

私も、日曜日の放送を見て

「あ、このお店『美味しそう』だな」

と感じました。

つまり、まだ食べてないわけですね。

「美味しい」と「美味しそう」
この違い、わかりますか?

「美味しい」は、「食べたことがある」人の意見。
「美味しそう」は「食べたことがない」人の意見。

で、多くの人は、
「美味しい」お店よりも「美味しそう」なお店に
興味を惹かれます。

だから、我々が考えなければいけないことは、
お客さんにいかに「美味しそう」だと感じてもらえるか。

そして、いかに「また来たい」と思ってもらえるか。
この2つです。

また来たいには、「いかに美味しそうだと思い続けてもらえるか」
も含まれますね。

お客さんに、どんな期待を与え続けられるか。
これ、かなり大切なポイントです!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■各種SNSへも登録お願いします!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・Facebook
https://www.facebook.com/toyonaga.akihiro
※お気軽に友達申請やフォロー、投稿へのコメントいただけると嬉しいです。
※フォローするとき、『トップに表示』を選択しておいてください。
あなたがFacebookを開いたとき、僕の投稿が一番上に表示されるようになります。
探す手間が省けます。

・ライン公式アカウント
https://lin.ee/fHNHjmP
※最新情報を随時更新中!

・ツイッター
https://twitter.com/t040aki
※調子が良いときは一日10ツイートくらい、ズバッとつぶやきます。

・無料公式メールマガジン【店舗集客の教科書】
https://88auto.biz/at-media/touroku/sp/entryform1.htm
※お店を経営している方のために集客のコンサルティングを行います。現在、無料コンサルティング受付中。ぜひ登録してください。

反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

無料メルマガで「副業のヒント」を手に入れよう!

■ 友達が好きな車を買ってうらやましい…
■ ネットビジネスを独学でやってみたけど、全然結果が出ない…
■ 会社の業績が悪く、給料が上がらない…
■ 実家の家族は贅沢しているのに、なんで自分だけ苦しい思いをしなきゃいけないんだ…
■ 頑張って勉強しているのに、妻から「口ばっかり」と言われた…

もしあなたがこんな悩みを抱えているのならば、
無料メルマガに登録して、「副業起業」の方法を
手に入れてください。

リピート率アップ
スポンサーリンク

年収アップしたい会社員の“本当にやりたいこと”で複数の収入源をつくる『複業プロデューサー』。

専門学校卒業後、都内で雑誌編集者として約5年勤務した後、Uターンで静岡へ。

その後、広告代理店の営業に転職するも、テレアポが苦手すぎて会社を転々とする。

「テレアポしない営業」を模索する中でマーケティングと出会い、マーケティングを利用した反響営業で、当時の会社の売上を前年比150%アップさせるも、社長が別の事業で失敗し、倒産。

その経験から、会社員でいることにリスクを感じ、『複業』として、給料以外に収入源を複数持つことを意識するようになる。

現在は、会社員として勤務しつつ、Webライターとして各種媒体への寄稿、そして会社員の複業プロデュースから集客コンサルティングを行い、選択肢と自由を持つ会社員を1000人輩出することを目標として活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました