fbpx

会社員としてどこを目指すのか明確にしよう(変わっても大丈夫)

サラリーマン・会社員

あなたの本当にやりたいことを
社長と会社員のマルチワーカー経験から具現化する
複業プロデューサーのトヨナガアキヒロです。

私は現在、会社員として働く傍で、
それ以外の時間で「複業」として、
複数の収入源を持つ、マルチワーカーです。

トヨナガさんはなんで会社員を辞めないんですか?

と、よく聞かれます。

確かに、辞めたいと思うことは多々あります。

例えば、今、コロナの影響で息子が通う保育園の登園人数は
極端に減っているわけですが、そんな時は

「会社を辞めれば、息子を家でみてられるな」

と思うし、休みが少ない会社なので、
疲労が溜まった時は辞めたいと思います。

さらに言えば、
曲がりなりにも社長としてビジネスを継続させているわけで、
その経験を会社員としても活かしたいと考えていますが、
経営陣にロジックが伝わらない時は、かなりイライラします(笑)

正直に言えば、ちゃんと「経営」をしている中小企業なんて、
この日本にはほとんどいないと思います。

ちゃんと戦略を持って、経営している起業は、
このコロナの影響なんて受けていないはずですから。

スポンサーリンク

それでも僕は会社員を辞めません

ただ、私が辞めない理由は、たった1つ。
それは、「今の会社で専務まで登り詰めたい」と考えているからです。

なんか、自分の会社で社長をやりながら、
人の会社で叩き上げで専務まで登り詰めたら、カッコよくないですか?(笑)

理由は、ただそれだけなんです、本当に。

まあ、専務になるためには、
圧倒的な成果を出さないといけないですし、
人に好かれないと難しい部分があることは事実です。

多分、社長になるより難しいと思います。

だからこそ、やりがい、ありますよね?

会社員を続ける理由は人それぞれですが、
会社員としてどこを目指すのかを明確にしておくことで、
自分の中で納得感を得ることができると、続けることができます。

もちろんこの目標は、変わっても大丈夫。
人なんて、意見をコロコロ変える生き物なんですから、
自分の中で納得感があれば、目標なんてなんだっていいんですよ。

つまり、会社員として働き続けることよりも、
辞めて自分のビジネスに専念する方の目標が大きくなったならば、
全然いつでも辞めてもいいわけです。

ただし、ある程度年齢がいくと、
再就職は難しくなるので、会社員を辞める時は
覚悟を持つことも必要です。

僕が複業を提唱する一番の目的は、
働き方に自由と選択肢を持って欲しいから。

あなたが何を決める時に、
選択肢が1つでも多く、その中から自由に選べるのであれば、
どんなチョイスをしたって、それは後悔しないから、自信を持って選んでくださいね。

複業をして年収アップしたい会社員のための
複業大全」を執筆中!

いち早く手に入れたい人は、メルマガに登録しておいてくださいね!

無料メルマガで「副業のヒント」を手に入れよう!

■ 友達が好きな車を買ってうらやましい…
■ ネットビジネスを独学でやってみたけど、全然結果が出ない…
■ 会社の業績が悪く、給料が上がらない…
■ 実家の家族は贅沢しているのに、なんで自分だけ苦しい思いをしなきゃいけないんだ…
■ 頑張って勉強しているのに、妻から「口ばっかり」と言われた…

もしあなたがこんな悩みを抱えているのならば、
無料メルマガに登録して、「副業起業」の方法を
手に入れてください。

サラリーマン・会社員
スポンサーリンク

年収アップしたい会社員の“本当にやりたいこと”で複数の収入源をつくる『複業プロデューサー』。

専門学校卒業後、都内で雑誌編集者として約5年勤務した後、Uターンで静岡へ。

その後、広告代理店の営業に転職するも、テレアポが苦手すぎて会社を転々とする。

「テレアポしない営業」を模索する中でマーケティングと出会い、マーケティングを利用した反響営業で、当時の会社の売上を前年比150%アップさせるも、社長が別の事業で失敗し、倒産。

その経験から、会社員でいることにリスクを感じ、『複業』として、給料以外に収入源を複数持つことを意識するようになる。

現在は、会社員として勤務しつつ、Webライターとして各種媒体への寄稿、そして会社員の複業プロデュースから集客コンサルティングを行い、選択肢と自由を持つ会社員を1000人輩出することを目標として活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました