fbpx

「わかりやすい」ことの大切さをわかっていますか?

リピート率アップ

「わかりやすさ」というのは、とても大切です。

例えば私の場合、「コンサルティング」をサービスとして販売しているわけですが、コンサルティングって何かわかりますか?

普通に「コンサルティングを買ってください!」と言っても、ほとんどの人が買わないでしょう。
なぜなら、コンサルティングというサービス自体、無形のものでわかりづらいから。

あなたがどんなに私のことを信用してくれても、コンサルティングという無形のサービスでわかりづらいものを買うのには抵抗があるわけです。

しかし、私が「売れるチラシを1000枚印刷して納品します。」とお伝えしたらどうですか?
イメージできますよね。

イメージができるものであれば、買うことにそこまで抵抗は生まれないはず。

あなたの商品・サービスは、お客さんにとってわかりやすくできていますか?
反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

スポンサーリンク

「小学生でも理解できる」を意識する

男の子

セミナーや講演などで、スライドを使う人は増えています。

実は、このスライドを見ていると、その講師のレベルがわかります。
それは、スライドが誰にでもわかりやすいものになっているか、どうかを見るということです。

できるセミナー講師というのは、小学生でもわかるということを意識したスライドの作り方をしています。

つまり、1枚1枚にそこまで情報を与えず、トークの内容、台本に応じてポイント、ポイントでスライドを展開していくわけです。
そのほうが、見ている人の印象に残りやすいんですね。

逆に、スライドが複雑すぎると、情報量が多すぎることでもう無理になってしまいます。
視覚からの情報をシャットダウンしてしまい、耳からの情報だけになります。

するとどうなるか。
忘れちゃうんですね。

セミナーに参加する機会があったら、スライドに注目してみるとその講師のレベルがわかるので注意してみましょう。

コンビニのわかりやすさ

少し話が逸れました。

わかりやすさを重要視している代表的な例が、コンビニです。

コンビニって、まず入り口があって、すぐ曲がると雑誌コーナーがあって、その流れでドリンクコーナーがあって…という風に、どのコンビニでも店内のレイアウトって対して変わりませんよね。

これ、わかりやすさの典型です。
どこの場所のコンビニに行っても、自分の買いたいものがある場所がなんとなくイメージできるわけです。

これがスーパーとかだと、お店によって変わってくるので探すのに手間取ったりします。

24時間オープンしているとか様々な便利さはありますが、お店のレイアウトがわかりやすいということも、人々がコンビニを利用する理由の1つなのです。

あなたのお店、商品やサービス、料金、場所などなど、わかりにくいものはありませんか?

わかりにくいものでも、わかりやすく表示してあげるだけで、お客さんの満足度はアップし、リピート率向上に繋がりますよ。
まずはできることから始めてみましょう。
反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

無料メルマガで「副業のヒント」を手に入れよう!

■ 友達が好きな車を買ってうらやましい…
■ ネットビジネスを独学でやってみたけど、全然結果が出ない…
■ 会社の業績が悪く、給料が上がらない…
■ 実家の家族は贅沢しているのに、なんで自分だけ苦しい思いをしなきゃいけないんだ…
■ 頑張って勉強しているのに、妻から「口ばっかり」と言われた…

もしあなたがこんな悩みを抱えているのならば、
無料メルマガに登録して、「副業起業」の方法を
手に入れてください。

リピート率アップ
スポンサーリンク

年収アップしたい会社員の“本当にやりたいこと”で複数の収入源をつくる『複業プロデューサー』。

専門学校卒業後、都内で雑誌編集者として約5年勤務した後、Uターンで静岡へ。

その後、広告代理店の営業に転職するも、テレアポが苦手すぎて会社を転々とする。

「テレアポしない営業」を模索する中でマーケティングと出会い、マーケティングを利用した反響営業で、当時の会社の売上を前年比150%アップさせるも、社長が別の事業で失敗し、倒産。

その経験から、会社員でいることにリスクを感じ、『複業』として、給料以外に収入源を複数持つことを意識するようになる。

現在は、会社員として勤務しつつ、Webライターとして各種媒体への寄稿、そして会社員の複業プロデュースから集客コンサルティングを行い、選択肢と自由を持つ会社員を1000人輩出することを目標として活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました