集客に必要なのは「共感」だ!

接客

痛みがヒドいという悩みを持っている人に対して、まず何をやるべきか。

「痛みの原因を伝えてあげること?」

「とりあえず痛みを取り除いてあげること?」

いえいえ、違います。

まずは、「痛みに共感してあげる」ことが大切なのです。

共感してもらうことで、人は心を開いてくれるのです。

スポンサーリンク

感情に訴えかける=共感するということ

この共感は、集客においても使うことができます。

例えば、腰痛で悩んでいる人に訴えかける場合。

「私が腰痛を絶対に治します!」というより(広告規定でNGですが)、まずは共感から始めます。

「腰痛は本当にツライですよね。
実は私も、過去に腰痛で悩んでいたことがあります。社会人になって1年目、慣れないデスクワークで疲れが溜まる日々。知らず知らずのうちに、体が悲鳴をあげていたのしょう。

ある日突然、歩くのも困難なほどの腰痛に襲われました…。

どこの病院に通っても、原因は分からず。

『湿布を貼って安静に』しか言われず。

でも、どんなに安静にしていても治りません。仕事もあるし、無理しながら仕事を続け、体はボロボロ。

そんな私を救ってくれたのが、ある整骨院でした…。」

みたいに、あなたと同じ症状で私も悩んでましたよ、と伝えることで、共感を得ることができますよね。

これが、「いや、私は普段から体のケアをしているので、腰痛なんてなったことはありませんが、腰痛に効く施術をしますよ」と伝えても、あんまり響かないのではないでしょうか。

共感=相手の立場にたって悩みを一緒に考えること

共感というのは、なにも「あなたと同じ」と伝えることだけではありません。

「あなたの悩み、よくわかります。一緒に悩みを解決しましょう!」ということも、共感になるのです。

集客では、共感することは必須。

その中で、ワクワクする未来を伝えてあげましょう。

  • 腰痛が治った未来を想像させる
  • 朝、体に不安がないような目覚めを体験させる

など、共感とワクワク。

この2つを伝えることが、集客に結びつくのです。

7日間店舗集客基礎講座はこちらから

店舗集客にお困りの経営者へ

7日間の無料メール講座で、店舗集客の基礎を学びませんか?

今なら、ペルソナシートを無料でプレゼント。

接客
スポンサーリンク

店舗集客の代行業。

オープンしたばかりのカフェやイタリアンなどの飲食店をはじめ、開業15年を誇る治療院などの集客代行を得意とする。

また、売上や粗利をアップさせるために、マーケティングコンサルタントとしても活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
店舗集客の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました