お客さんを絞って屋号を隠す

閃き新規集客

最近、世界のトップマーケターであり、セールスライターのダン・ケネディ氏の教材を毎日聞いています。

その中で、ダン・ケネディ氏が言っているのは、「お客さんを絞る」ということと、「会社の屋号は広告にならない」ということ。

広告費をせっかく使うなら、無駄にせずに成果を残すためにはどうしたらいいのか、しっかりと考えましょう。

スポンサーリンク

「たくさん集める」には「一人に伝える」ことが大切

広告は「ラブレター」を書くつもりで作る!簡単な3つのポイントを解説」でもお伝えしましたが、「たくさんの人を対象としたメッセージ」というのは、「誰にも伝わらないメッセージ」です。

「みなさん」ではなく「あなた」。

これ、かなりキーポイントなわけです。

私がサッカーが好きなので、サッカー好きを集めたい場合で例えてみましょう。

広告を出すときに「サッカー好き、集まれ!」はどうでしょう?

うーん、好きだけど、なかなか響きませんね。

では、「プレミアリーグ好き、集まれ!」はどうですか?

結構絞られましたね。

じゃあ、「リバプール好き、集まれ!」でどうだ!

完全に、リバプールの熱狂的ファンは、「自分のことだ!」と感じるはずです。

で、ここまで絞ると、リバプールサポーターには必ず伝わります。

じゃあ、リバプールファンには伝わらないか、というと決してそんなことはありません。

リバプールサポーターじゃないけど、プレミアリーグが好きな人。

欧州サッカーを見るのが趣味で、誰かと語り合いたい人なども、気になって行動してくれるようになります。

これくらい対象を絞ることで、逆に伝わる人間が増えるというわけですね。

屋号や店名は小さくてOK

集客

あと、多くのお店や企業が間違っているのが、屋号とかを大きく載せているパターン

回覧板の広告枠とか、カレンダーの名入れの部分とかに、屋号を一番大きくしているものを見るのですが、これはお金の無駄遣いですね。

スペースが限られているわけですから、とにかく考えるべきなのは、あなたのお店に興味を惹くことです。

そして、広大なスペースがあるウェブサイトに誘導したり、FAXやメルマガに誘導することを考えましょう。

屋号は一番小さくてOK。

連絡先がわかって、お客さんにメリットを伝えることができれば、屋号なんて無くたって良いと私は考えます。

広告が最大の効果を発揮するためにはどうするか、もっと真剣に考えてみてはいかがでしょうか?

7日間店舗集客基礎講座はこちらから

店舗集客にお困りの経営者へ

7日間の無料メール講座で、店舗集客の基礎を学びませんか?

今なら、【反響のあるチラシのテンプレート】を無料でプレゼント。

新規集客
スポンサーリンク

店舗集客の代行業。

オープンしたばかりのカフェやイタリアンなどの飲食店をはじめ、開業15年を誇る治療院などの集客代行を得意とする。

また、売上や粗利をアップさせるために、マーケティングコンサルタントとしても活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
店舗集客の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました