Facebook広告の活用方法

share 新規集客

Webの広告といえば、google広告が一般的ですが、google広告は設定の仕方や効果の出し方などを考えると、導入へのハードルが高いことも事実です。

そこで、自分でWebに広告を出したい経営者さんにおすすめしているのが「Face book広告」です。

タイムライン上に、突然現れるFace book広告ですが、セグメントの掛け方など細かく設定ができます。

しかも、設定は、Face bookを使ったことがある人なら、割と誰でもできるくらい簡単です。

Web集客の1つの手段として、今回はFace book広告を有効活用する方法についてご紹介します。

Face book広告の2つの活用方法

個人的に、Face book広告は、我々のようなコンサルタントには相性のよい広告媒体だと思っています。

というのも、Face bookのタイムラインに表示させられることはもちろん、Face bookの子会社であるInstagramのフィード上にも広告が掲載されるからです。

この2つのSNSは、ビジネスで利用している人が多かったり、投稿内容に興味・関心が反映されやすい傾向にあるので、集客ツールとしてはかなり優秀なものだと言えるでしょう。

Face bookページの活用方法として、2つのやり方が考えられます。

1.自分のFace bookページのいいねを増やす方法

まずは、自分のFace bookページにいいねを増やす方法です。

Face bookページを細かく更新している人には、おすすめです。

いくら、Face bookページでたくさん投稿しても、そもそもいいねされなければ、必要な情報を受け手に届けることができません。

なので、Face bookページにいいねがたくさんつけば、その分たくさんの人に情報を届けることができるようになります。

2.自分のサイトに誘導する方法

自社のホームページやランディングページに誘導するための広告という手法も考えられます。

これは、Face bookページを介さずに、自社の集客用のサイトに誘導し、そこからメルマガ登録やLINE@の登録を促したり、資料請求などをしてもらうためのサイトです。

この方法は、我々コンサルタントを始め、様々なビジネスで使われている手法となります。

現在の主流はランディングページに誘導する方法

現在のFace book広告を見ていると、主に2の方法が主流となっています。

というのも、Face bookページ自体の価値がどんどん下がっており、Face book上でビジネス臭のする投稿自体が、ユーザーから敬遠されてしまう傾向が強くなっているからです。

なので、Face book広告を出したいのであれば、最低でもあなたのお店のWebサイトは必要となるでしょう。

ホームページにFace bookページを表示させることができれば、いいねも獲得できるので一石二鳥です。

ぜひ、試してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました