【SNS運用】Facebookの個人ページを活用する

新規集客

Face bookを使って集客を目論んでいる整骨院は多いでしょう。

「Face book始めたんだけど、全然いいねがつかない」

こんな相談をされる機会がまだまだ多いです。

最初に断っておくと、Face bookをスタートして、いきなりいいねがついたり、シェアされるほど、SNS運用は甘くないです(笑)。

そして、反応が無いから続けるモチベーションがどんどん落ちているあなたのような場合、さらに運用は難しくなります。

では、どのようにしたらモチベーションが続く更新ができるのでしょうか。

そのポイントは、「個人ページを活用する」のです。

スポンサーリンク

Face bookページはもう古い!?

少し前までは、「Face bookページ」という形で、Face bookのアカウントでお店専用のページを作成し、そこで情報発信をすることが一般的なFace bookの運用方法でした。

このFace bookページ自体にたくさんの「いいね(フォロー)」を集めると、Face bookページで発信した情報をフォロワーまで一斉に届けることができるので、まずはFace bookページにいいねを集めることが必要でした。

が、Face bookのシステムが変わったことで、いいねを付けてくれたユーザーに必ずしも届かないようになってしまったことで、Face bookページをもつ意味があまり感じられなくなってしまっています。

そこで、最近の主流になっている方法の1つが、「アカウント自体をお店のものにしてしまう」ということです。

これにも考え方は2つあり、1つは院長自らが前面に立って広告塔となる方法。

もう1つがお店の名前で個人用のアカウントを運営する方法です。

私がおすすめしているのは、前者の運用方法です。

整骨院は、患者さんと接する機会が多いので、顔が見えた方が信頼感はアップします。

Face bookページを運用するよりは、あなたが個人ページを有効活用した方が、集客にはつながりやすいでしょう。

SNSは複数アカウントを使い分けろ!

では、これまでのプライベートな投稿などは削除した方がいいのか?という問題になりますが、集客目的のアカウントとプライベート用のアカウントは分けたほうがいいというのが私の結論です。

実際私も、プライベート用とビジネス用、2つの個人アカウントを持っています。

これは、仕事とプライベートを分けたいという考えではなく、ビジネス用はあくまでも「集客」が目的なので、それに合わせた発信をするべきだからです。

プライベート用は趣味ですからね。

メールアドレスが複数あれば、アカウントを複数持つことは可能です。

SNSを運用したいのであれば、発信内容も含め、しっかりと方向性を見定める必要があるのです。

7日間店舗集客基礎講座はこちらから

店舗集客にお困りの経営者へ

7日間の無料メール講座で、店舗集客の基礎を学びませんか?

今なら、ペルソナシートを無料でプレゼント。

新規集客
スポンサーリンク

店舗集客の代行業。

オープンしたばかりのカフェやイタリアンなどの飲食店をはじめ、開業15年を誇る治療院などの集客代行を得意とする。

また、売上や粗利をアップさせるために、マーケティングコンサルタントとしても活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
店舗集客の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました