fbpx

失敗することは悪いことではない!成功へ一歩近づいたのだ!

マネージメント

先日、家の前に置いておいた傘が盗まれました。

私の家はアパートなので、誰でも盗めるって言えば盗めるのですが…。

人の家の玄関に置いてある傘、堂々と盗んでいく人ってどう思います?

いや、これ別にディスっているわけではなく、自分が思っている「当たり前」と人が感じる「当たり前」って、当たり前ですが違うってことなのです。
反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

スポンサーリンク

自分の感覚を疑うクセをつける

玄関先に傘を置いておく。

私は「普通盗まないだろ」という感覚だからこそ、放置しておいたわけです。

しかし、堂々と盗む。

そこに傘があれば「持っていってもいいだろ」と考える人にとっては、玄関の前に傘が転がっていれば、それは「盗むべき対象」となるわけです。

石原明氏の著書「すべてが見えてくる飛躍の法則 ビジネスは、〈三人称〉で考える。」でも書かれていますが、ビジネスだけではなく、全ての物事は三人称以上で考えなければいけないということを、改めて学びました。

人は経験したことがないことに恐怖を抱く

サラリーマンをやっていると、毎日同じ時間に出社をして、毎月数十万円の給与をもらうということが当たり前になっています。

しかし、世の中には、毎日家にいても、月に100万円以上を稼いでいる人もいるわけです。

月に100万円を稼いだことがない人にとって、この世界は未知数です。

一方、月に100万円を稼いだことがある人は、あえて月に50万円しか稼がないということも可能になります。

何が言いたいかというと、自分の感覚を越えていかなければ、集客にしてもビジネスにしても、成功はあり得ないということです。

やったことがない、どうなるかわからない。

これらは全て言い訳。

無謀なチャレンジは賛同しかねますが、もっと気軽にチャレンジして、失敗してから改善する。

こういう感覚を、もっともっと身につけていってほしいと思います。
反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

無料メルマガで「副業のヒント」を手に入れよう!

■ 友達が好きな車を買ってうらやましい…
■ ネットビジネスを独学でやってみたけど、全然結果が出ない…
■ 会社の業績が悪く、給料が上がらない…
■ 実家の家族は贅沢しているのに、なんで自分だけ苦しい思いをしなきゃいけないんだ…
■ 頑張って勉強しているのに、妻から「口ばっかり」と言われた…

もしあなたがこんな悩みを抱えているのならば、
無料メルマガに登録して、「副業起業」の方法を
手に入れてください。

マネージメント
スポンサーリンク

年収アップしたい会社員の“本当にやりたいこと”で複数の収入源をつくる『複業プロデューサー』。

専門学校卒業後、都内で雑誌編集者として約5年勤務した後、Uターンで静岡へ。

その後、広告代理店の営業に転職するも、テレアポが苦手すぎて会社を転々とする。

「テレアポしない営業」を模索する中でマーケティングと出会い、マーケティングを利用した反響営業で、当時の会社の売上を前年比150%アップさせるも、社長が別の事業で失敗し、倒産。

その経験から、会社員でいることにリスクを感じ、『複業』として、給料以外に収入源を複数持つことを意識するようになる。

現在は、会社員として勤務しつつ、Webライターとして各種媒体への寄稿、そして会社員の複業プロデュースから集客コンサルティングを行い、選択肢と自由を持つ会社員を1000人輩出することを目標として活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました