fbpx

ファンのための会員サイトを作ろう

ファン売上アップ

あなたのお店のファンを作りたいのであれば、コミュニケーションの回数を増やす事が大切です。

DMやSNSといった方法はもちろん大切ですが、一番いいのは「会員」になってもらう事。
できれば、VIP待遇の特典をつけて。

人間は、特別扱いされる事が大好きなのです。

反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

スポンサーリンク

ファン=あなたのお店を応援してくれる後援会

贔屓

ファン客というのは、リピーターよりさらに上の概念にいるお客さんのことを指します。

リピーターは、あなたのお店をよく使ってくれる人、ファンはあなたのお店を色々な人に紹介してくれる人、言い換えれば「広報」として活動してくれる人のことです。

もちろん、宣伝してくれるだけではなく、あなたのお店の売り上げに貢献してくれているTOP20くらいの人なので、何度も足を運んでくれているし、あなたとあなたのお店のことを心底気に入ってくれているお客さんです。

当然、あなたにとっても理想のお客さん。
来てくれて「嬉しい!」と感じられるお客さんでなければありません。

あなたと相思相愛であり、まさにあなたのお店の後援会のような存在が、「ファン客」と呼ぶお客さんとなります。

力士の後援会を思い出そう

わかりやすい例が、相撲部屋や力士の後援会です。いわゆる「タニマチ」というやつですね。

これは、熱心に応援する力士や相撲部屋に対して、金銭や物資の支援から怪我の治療に対する便宜を図るなど、タニマチは全力で力士や相撲部屋に貢献します。

逆に、支援された力士や相撲部屋にとって、タニマチはとっても大切な存在。
どんなに疲れていてもサインや手形色紙を求められれば応じるし、オフには食事を共にしたり、場所中にはいい席を用意したり、徹底的に特別扱いします。

そしてタニマチはさらに支援する…という、まさに相思相愛の関係が築かれているのです。

これ、あなたのお店はもちろん、我々コンサルティングビジネスでも同様の事が言えますね。

で、このようなファンを作る方法は意外と簡単で、圧倒的なGiveをしまくることだけです。

与えて・与えて・与えまくる。

すると、あなたのお客さんは、どんどんあなたのことを好きになってくれます。

「ビジネスは等価交換」なのですが、信頼関係の構築は「成功報酬」みたいなものです。

あなたが与えた事を、お客さんが満足してくれればどんどん信頼してもらえるし、満足してもらえなければ好きになってもらえない…。

多分、新規の集客をしたり、リピートしてもらうように色々と考えるより、圧倒的にシンプルです。

「お客さんが喜ぶ事」

これだけをすればいいわけですから。

ファンと蜜月な関係を築く方法が「会員制サイト」です

会員サイト

相撲の場合は、力士や相撲部屋を応援するという名目でお金が支払われています。

これがお店の場合だと、商品やサービスを提供する以外にお金を支払ってください、というのはやっぱり抵抗がありますよね。

そこで有効な方法が、会員制サイトを立ち上げ、会員サイトの月額費用という形で、料金を徴収する方法です。

とにかく会員には、会員限定の特別な案内をしましょう。

例えば、治療院ならば、新しい機材が導入したので会員だけの先行利用の案内をしたり、普段使わないものを仕入れたので会員だけに案内したりと、とにかく全てはメンバーに対して先に案内し、一般向けには高めに設定します。

会員になってくれたお客さんは、徹底して特別扱い、えこひいき。

そうする事で、お客さんが喜ぶ顔が目に浮かびませんか?

ぜひ、あなたのお店で会員制サイトを作る事ができないか、考えてみてください。

反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

無料メルマガで「副業のヒント」を手に入れよう!

■ 友達が好きな車を買ってうらやましい…
■ ネットビジネスを独学でやってみたけど、全然結果が出ない…
■ 会社の業績が悪く、給料が上がらない…
■ 実家の家族は贅沢しているのに、なんで自分だけ苦しい思いをしなきゃいけないんだ…
■ 頑張って勉強しているのに、妻から「口ばっかり」と言われた…

もしあなたがこんな悩みを抱えているのならば、
無料メルマガに登録して、「副業起業」の方法を
手に入れてください。

売上アップ
スポンサーリンク

年収アップしたい会社員の“本当にやりたいこと”で複数の収入源をつくる『複業プロデューサー』。

専門学校卒業後、都内で雑誌編集者として約5年勤務した後、Uターンで静岡へ。

その後、広告代理店の営業に転職するも、テレアポが苦手すぎて会社を転々とする。

「テレアポしない営業」を模索する中でマーケティングと出会い、マーケティングを利用した反響営業で、当時の会社の売上を前年比150%アップさせるも、社長が別の事業で失敗し、倒産。

その経験から、会社員でいることにリスクを感じ、『複業』として、給料以外に収入源を複数持つことを意識するようになる。

現在は、会社員として勤務しつつ、Webライターとして各種媒体への寄稿、そして会社員の複業プロデュースから集客コンサルティングを行い、選択肢と自由を持つ会社員を1000人輩出することを目標として活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました