フリーペーパーで集客する3つのメリットと5つのデメリット

先生 新規集客

「フリーペーパーで集客していたんだけど、年々効果が落ちてきているんです…」

店舗経営者さんに最近多く相談される1つです。

これまで、店舗集客の強い味方だったフリーペーパーですが、なかなか反響に結びつかないことが多いようです。

しかし、店舗経営者さんの中には「辞めたいけど辞めるのが怖い」とか「お付き合いで続けているけれど、効果はない」なんていう方もいます。

一方で「フリーペーパーからの集客で十分」という店舗経営者さんがいるのも事実だということをご存知でしょうか?

なぜ、「効果が無くなった」と感じる店舗経営者さんと「十分な効果がある」と感じる店舗経営者さんに分かれているのか、結論から言えば「フリーペーパーの特性を理解しているかどうか」がポイントとなります。

今回は、フリーペーパーで集客する上で理解しておいてもらいたい、3つのメリットと5つのデメリットをご紹介します。

スポンサーリンク

フリーペーパーでの集客は年々難しくなっている!?

女性

フリーペーパーでの集客は、年々反響が落ちていることは事実です。

これは、お店の問題ではなく、フリーペーパーというモデル自体が受け入れられなくなってきているということが理由だと言われています。

原因は、スマホの普及です。
Webでの情報収集がメインとなっている昨今では、わざわざフリーペーパーから情報を入手しようという人の方が少なくなっています。

一番有名なフリーペーパーであるホットペッパーも例外ではなく、現在のホットペッパーのメインはポータルサイトとしてのWeb媒体となっており、Webに合わせてフリーペーパーも仕様も変わっています。

これまでは、グルメとビューティーが1冊になっていたホットペッパーですが、東京23区版では、グルメとビューティーを分けて発行しており、よりターゲットを絞った媒体として生まれ変わっています。
地方版でも、グルメよりビューティー領域の方が多くページを割かれています。

そもそも、フリーペーパーは「新規集客」のツールとして使うことが主であり、リピーター獲得の施策を行っていない飲食店では、費用対効果が悪いと考えられてしまうことから、このようなページ配分になってしまっているのでしょう。

フリーペーパーを利用する3つのメリット

メリット

反響が落ちている中で、なぜそれでもフリーペーパーを利用する店舗経営者がいるのでしょうか。
それはフリーペーパーには次の3つのメリットがあるからです。

  1. 部数が多い
  2. 地域密着型
  3. お任せできる

それぞれ解説していきましょう。

フリーペーパーのメリット1.部数が多い

フリーペーパーは、数万円の費用で何万部という部数が発行されるので、費用対効果が高いとされています。

私の住んでいる地域のフリーペーパーだと、最大で80,000部発行されているフリーペーパーがあります。
掲載料金は、一番安いもので53,000円なので、一部あたりの費用はとても安いことがわかるでしょう。

ちなみにチラシを80,000部配布しようとすると、配布枚数+印刷+デザイン代で一部あたり3倍以上の費用がかかります。

フリーペーパーのメリット2.地域密着型

フリーペーパーは「地域密着型」というのが基本的なスタイルとなっています。

そのため、配布されるエリアは自分のお店があるエリアのみなので、リピーターになり得るお客さんが購読者層ということになります。

これは、ホットペッパーのスタイルが踏襲されており、ホットペッパーは都内だけでも7エリアに分かれて発行されており、渋谷版と新宿版でそれぞれ掲載のお店が違います。

フリーペーパーのメリット3.お任せできる

フリーペーパーは、内容は打ち合わせで決めますが、簡単な写真撮影からキャッチコピー、デザインまでフリーペーパー制作会社が行ってくれます。

デザイン代が含まれる掲載料金なので、チラシやWebページの制作に比べるととてもお得だと言えるでしょう。

フリーペーパーの3つのメリットをご紹介しました。
一方、フリーペーパーにはデメリットもあります。

そして、そのデメリットが「フリーペーパーで集客できない」とされる理由でもあります。

フリーペーパーを利用する5つのデメリットと対応策

デメリット

「フリーペーパーで集客できない」のは、次の5つのデメリットが原因です。

  1. 目立たない
  2. 他と比べられてしまう
  3. ホームページがないと効果激減
  4. クーポンを付けなければならない
  5. フリーペーパー自体が面白くないと集客できない

それぞれの解説と、対応策をご紹介します。

フリーペーパーのデメリット1.目立たない

フリーペーパーは、同じ紙面の中で枠の大小はあれど同じデザインで掲載されることになります。
なので、かなり工夫をしなければ目立つことができません。

目立たせるために、大きめの枠で掲載したりする人がいますが、一番効果的なのは、やっぱり写真です。

インパクトのある写真を掲載することで、目を惹くことができます。

おすすめは「人の写真」を使うこと。
店舗経営者さん自身の顔を載せるといいですよ。

フリーペーパーのデメリット2.他と比べられてしまう

フリーペーパーの多くは、ジャンルで掲載ページが分けられています。

これは、エンドユーザーからすればとても見やすいのですが、店舗経営者にとってこれはデメリットです。

何故ならば、同業他社と比べられてしまうからです。

「このお店良さそうだな」と思った人に対し、「このお店に行きたい」と思わせることが大切になりますが、オリジナリティを出しにくいフリーペーパーでは、これがとても難しい。
結果、クーポンの内容で差別化をせざるを得なくなります。

フリーペーパーのデメリット3.クーポンを付けなければならない

ほとんどのフリーペーパーが、掲載の条件として何らかのクーポンを付けるルールが課せられています。

もちろん、クーポンを付けることで反響率を見たり、お客さんの「行こう!」を後押しすることになるので、クーポンはとても効果的です。

しかし、2で紹介したように、他と比べられてしまうので、クーポンが「お得すぎる」とクーポン目当てのお客さんばかり来てしまい、結果としてリピートにつながらないということになりかねません。

クーポン目当てのお客さんが来てもいいのかどうか、その辺りをしっかりと考えた上でクーポンの内容は考えましょう。

フリーペーパーのデメリット4.ホームページ(Web)がないと効果激減

最近の特徴として、フリーペーパーだけを見て来店まで繋がるというケースは、非常に少ないように感じています。

というのも、やはり「アイサスの方式」のように、ユーザーが来店するまでには、検索のアクションが入るからです。

「アイサスの方式」とは、消費者の購買プロセスのことです。

  • Attention(認知・注意)
  • Interest(興味・関心)
  • Search(検索)
  • Action(行動)
  • Shere(共有)

3番目の「Search(検索)」は、インターネットでの検索のことです。

フリーペーパーであなたのお店を知った人が、ほぼ間違いなく一旦gogleやyahooで検索します。

この時、公式のホームページがない、あるいはしっかりとしたホームページが作られていないだけで、来店頻度が落ちます

公式の情報は、常に最新のものを発信しておくようにしましょう。以下の内容は必ず掲載してください。

  • ごあいさつ
  • メニュー表(価格表)
  • アクセス、営業時間
  • 予約方法

SNSやアメブロなどを公式として使っているお店もまだまだ多いですが、公式の情報はやはりお金を払ってしっかり作った方がいいです。

当社では、ホームページ制作も要望に応えて制作しています。

ご注文はこちらよりお問い合わせください。

フリーペーパーのデメリット5.フリーペーパー自体が面白くないと集客できない

そもそも、フリーペーパー自体に魅力がなければ、掲載しても多くの人に見てもらえません。
そして私が感じるに、近年は魅力のあるフリーペーパーが激減しているように思います。

結果として、フリーペーパーの反響が落ちてしまい、広告が集まらないので、フリーペーパーとして面白い企画ができない。

すると、広告に掲載している人が、毎月お付き合いで同じ内容を掲載している→紙面が代わり映えしない→つまらないという悪循環に陥っているのです。

掲載する媒体は、自分が読んで「面白い」と感じるものにしましょう。
また、フリーペーパーをマネタイズして経営をしているのか、フリーペーパー以外でマネタイズしているのかも重要な判断基準です。

フリーペーパーだけに頼らない集客方法を身につけよう

集客

フリーペーパのメリットとデメリットをご紹介しました。

フリーペーパーは、うまく使えばまだまだ効果の出る集客方法です。
しかし、一番危険なのはフリーペーパーに掲載すれば、それだけでお客さんが来ると考えてしまうことです。

フリーペーパーは、数ある集客方法の1つでしかありません。
フリーペーパーに頼らない、自分でできる集客方法を身につけることで、より効果的に集客を行えるようになります。

特に、店舗型ビジネスの場合は、まだまだチラシは有効な集客方法なので、フリーペーパーと併用して、集客方法をマスターすることをおすすめします。

7日間店舗集客基礎講座はこちらから

店舗集客にお困りの経営者へ

7日間の無料メール講座で、店舗集客の基礎を学びませんか?

今なら、ペルソナシートを無料でプレゼント。

新規集客
スポンサーリンク

店舗集客の代行業。

オープンしたばかりのカフェやイタリアンなどの飲食店をはじめ、開業15年を誇る治療院などの集客代行を得意とする。

また、売上や粗利をアップさせるために、マーケティングコンサルタントとしても活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
店舗集客の教科書

コメント

  1. […] 関連記事:フリーペーパーで集客する3つのメリットと5つのデメリット […]

タイトルとURLをコピーしました