いつまでお店を一人で切り盛りするの?

マネージメント

店舗経営者というのは、基本的に一人+アルバイトでお店を回します。

つまり、あなたが倒れたら終わりという状況。

私の知っているお店でも、よく「店主体調不良のため臨時休業します」とか「数十年ぶりに風邪ひいちゃいました…」なんて、SNSでアップしている経営者さんがいるのですが…。

あなたがいなくなったら、お店をオープンできない。
これ、めちゃくちゃリスキーだと思いませんか?

スポンサーリンク

あなたがいなくてもお店が回る仕組みを作る

経営者

店舗経営者の多くが、自分がいないとお店が潰れてしまうという危機感を抱いています。

多少の体調不良くらいでは、体に鞭打って働きます。
「大丈夫?」と聞くと「働いてりゃ治るよ!」なんて答える人もいますね。

でも、もし仮に大病を患い、長期で入院することになったら?
お店を休んでしまったら、収入が途絶えてしまいます。

そうすると、家族も困るし、あなた自身、十分な治療を受けられなくなってしまいますよね。

もちろん、あなたが必死になって働く期間は必要です。
年商で1000万円くらいまでは、あなたが中心になって働いていく。

集客も接客もサービス提供も、全てあなたがやる。

でも、いつまでもこれではダメ。

だって、年商を倍にしたかったら、働く時間を倍にしないとダメってことですから。

なので、どこかのタイミングで、あなたがお店にいなくも、お店が回る仕組みを生み出す必要があるのです。

もちろん、別にお店を繁盛させなくても良い、余生を過ごすための十分な資産があるので、体調が良い時に道楽でお店をオープンできれば良いというのであれば話は別です。

でも、経営者として、やっぱり稼ぎたいと考えるなら、お店が回る仕組みを作ることが重要なのです。

7日間店舗集客基礎講座はこちらから

店舗集客にお困りの経営者へ

7日間の無料メール講座で、店舗集客の基礎を学びませんか?

今なら、ペルソナシートを無料でプレゼント。

マネージメント
スポンサーリンク

店舗集客の代行業。

オープンしたばかりのカフェやイタリアンなどの飲食店をはじめ、開業15年を誇る治療院などの集客代行を得意とする。

また、売上や粗利をアップさせるために、マーケティングコンサルタントとしても活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
店舗集客の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました