それは自己満足?顧客満足?

毎日更新 新規集客

すごく対照的な二人のお客さんのお話。

同じ時期に「ホームページを作りたい」と思ったお客さんがいました。

Aさんは、集客を生業としている職業。
Bさんは、整骨院の院長でした。

私は、ホームページを作る時、まず最初に「目的をしっかりと決めましょう」というお話をします。

すると、AさんとBさん、全く正反対の答えが帰ってきたのでした…。

スポンサーリンク

そのホームページは何のために存在するのか?

声

ホームページを作る時の目的としては、大きく分けて次の3種類が考えられます。

  1. SEOで特定の悩みの人にみてもらうため
  2. 自分のお店を何かで知っている人にみてもらうため
  3. 投資家や株主を集めるため

必然的に、小さいお店の場合は1か2の選択肢となりますよね。

しかし、世の中のホームページというのは、基本的に3をモデルとして作られています。

そのため、効果が出ないホームページが、そこらへんに蔓延しているわけですが…。

このような話をすると、大体の人が1か2を選んでくれます。

実際、整骨院を営むBさんは「せっかく作っても見てもらえないと意味がないので、作った後にSEO対策もお願いしたい」と言ってもらえました。

しかし、集客を生業にするAさんからはまさかの答えが…。

「一番大切にしたいのはデザイン。」

そのデザインは自己満足?顧客満足?

カメラ目線

私は基本的にマーケターであり、集客コンサルタントなので、デザインは二の次三の次、むしろ「伝えたい内容をしっかりと伝えるための手段」として、デザインを考えています。

しかし、Aさんは「自己表現のためのデザイン」と捉えている節があり、それを結果としてホームページにも反映したいということでした。

うーん。

まあ、良いデザインというのは、もちろん大切でしょう。

ただ、そこに「お客さんは存在するのか?」という疑問が残りますよね。

Aさんのクライアントさんが、「デザインがダサいなんてありえない!」とか「キレイなもの、かっこいいものを作って欲しい」というニーズやウォンツを持っているのであればわかります。

しかし、Aさんは集客のお手伝いをする会社です。

果たして、デザインがめちゃくちゃオシャレであることが、そのホームページの先のお客さんのためになることなのでしょうか?

あなたも、同じ間違いを犯していませんか?

あなたのホームページ、チラシは、何のために、誰のために作るのか。

この視点を、常に忘れないように心がけてください。

7日間店舗集客基礎講座はこちらから

店舗集客にお困りの経営者へ

7日間の無料メール講座で、店舗集客の基礎を学びませんか?

今なら、ペルソナシートを無料でプレゼント。

新規集客
スポンサーリンク

店舗集客の代行業。

オープンしたばかりのカフェやイタリアンなどの飲食店をはじめ、開業15年を誇る治療院などの集客代行を得意とする。

また、売上や粗利をアップさせるために、マーケティングコンサルタントとしても活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
店舗集客の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました