相手のことを考えれば感情を揺さぶることはカンタン!?

リピート率アップ

神田昌典氏の「感情マーケティング」や小阪裕司氏の「ワクワクマーケティング」など、マーケティングの世界ではとにかく「感情をどう揺さぶるか」にフォーカスして考えることがとても重要です。

これは営業でも同じで、即決営業の堀口氏も「即決営業のコツは感情に訴えること」が大切だと言っていました。

つまり、人が行動するときは、全て「感情」で動くということですね。

人の感情を動かす。

これ、一見すると難しいように聞こえますが、普通に考えたら全然難しくありません。

スポンサーリンク

人が感情を揺さぶられるときはめちゃくちゃ感動したとき

言葉や会話で相手の感情を揺さぶる。

確かに簡単なことではありません。

ただ、難しく考える必要もないんです。

結論から言えば、人が感情を揺さぶられるときというのは、「めちゃくちゃ感動した」ときなんですね。

例えば、あなたが大切な物を無くしたとき。

もう見つからないと落ち込んでいたら、突然見知らぬ人が届けてくれたら、とても感動しますよね。

これ、なんで感動するかというと、探しても見つからなかったものが見つかったから、ではありません。

見知らぬ人が、他人にとってはゴミのようなものでも、持ち主が困っていると思いわざわざ探してくれたからなんですね。

人の素晴らしい善意が、あなたの心を動かしたのです。

相手のことを想って行動するだけで、人の感情を揺さぶることができるのです。

島田紳助氏は、お笑い芸人は「ウソはいけないけど、盛ることはOK」と言っていました。

これ、セールスやマーケティングでも一緒で、0のモノを相手に伝えることはいけません。

しかし、存在するものを、相手が感動するような言い回しにすることはOKです。

ただ、そこにあるのは完全なる善意でなければダメ。

相手があなたのサービスや商品を利用することで、人生に多大なるメリットがある。

そのことを必死に伝えるだけで、相手の感情を揺さぶることができるはずです。

7日間店舗集客基礎講座はこちらから

店舗集客にお困りの経営者へ

7日間の無料メール講座で、店舗集客の基礎を学びませんか?

今なら、ペルソナシートを無料でプレゼント。

リピート率アップ
スポンサーリンク

店舗集客の代行業。

オープンしたばかりのカフェやイタリアンなどの飲食店をはじめ、開業15年を誇る治療院などの集客代行を得意とする。

また、売上や粗利をアップさせるために、マーケティングコンサルタントとしても活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
店舗集客の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました