業種にこだわらずに商品・サービスを提供しよう

購入率アップ

どんなサービスを開発したらいいのでしょうか?

先日、治療院のオーナーさんにこんな相談をされました。

あなたが治療院のオーナーなら、新しいサービスを開発する時に、どんなものを開発しますか?

  • 最新機器を使った治療メニュー?
  • 酸素カプセル?
  • マッサージチェア?

まあ、色々なアイデアは出てくると思います。

しかし、私はこう答えました。

お客さんが欲しいものならなんでもいいですよ。

別に、治療院だからと言って、体のケアに関するサービスでなくても構わないわけです。

お客さんが欲しいものを提供する。

この考え方がとても大切。

スポンサーリンク

ウォールマートのオムツとビールの例

もっともわかりやすいのが、アメリカのウォールマートの例です。

ウォールマートでは、オムツの近くにある商品を置いたところ、客単価が跳ね上がったそうです。

そのある商品とは…

ビール」です。

紙おむつとビール?
一見するとかけ離れた位置にありそうなものですが、ロジックはこうです。

紙おむつを購入する年齢層の多くは、会社帰りのサラリーマン。
仕事終わりに、オムツを買ってくるように奥さんに言われて、スーパーに立ち寄るわけです。

そこで、オムツコーナーの隣に、缶ビールが置かれていると「疲れたし、ついでにビールでも買って帰るか!」となるわけですね。

これって、業種とか、通常提供しているサービスや商品を軸に考えたら、出てこない発想でしょう。

では、どこに視点を持っていくのか。

それは、お客さんの視点です。

日本でも、 CDを販売するラーメン屋さんとか、雑貨を販売するケーキ屋さんとか、業種にこだわらずに商品を提供しているお店はたくさんあります。

商品・サービスを開発するときは「お客さんが求めているものは何か」を考えるようにしましょう。

7日間店舗集客基礎講座はこちらから

店舗集客にお困りの経営者へ

7日間の無料メール講座で、店舗集客の基礎を学びませんか?

今なら、ペルソナシートを無料でプレゼント。

購入率アップ
スポンサーリンク

店舗集客の代行業。

オープンしたばかりのカフェやイタリアンなどの飲食店をはじめ、開業15年を誇る治療院などの集客代行を得意とする。

また、売上や粗利をアップさせるために、マーケティングコンサルタントとしても活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
店舗集客の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました