運を高めるために心がける3つの考え方

「運も実力のうち」

ビジネスで成功する要素で、割と重要な要素に「運」があります。
あなたは、「自分は運が良いなー」と感じることはあるでしょうか?

とはいえ、運だけに頼っていては、ビジネスはギャンブルになってしまいます。

運に頼ることはダメなのですが、とは言っても運は悪いより良い方がいいですよね。

では、どうやったら運は良くなると思いますか?
ポイントは、「運は人が運んでくれるもの」だと理解することです。

スポンサーリンク

運を高めるために意識する3つのこと

kotukotu

運を良くするにはどうしたら良いのか、ということですが、基本的には運は病気と同じだと私は考えています。
つまり「気の持ちよう」ということです。

なので、運を良くするというよりは、チャンスの数を増やすためにはどうするか、ということを考えることにしましょう。

具体的には、以下の3つです。

1.人とたくさん会う機会を作る

チャンスや運というのは、人が持ってきてくれます。
なので、たくさん人と会う機会を作ることが大切です。

家と職場の往復だけでは、毎日同じ人としか会うことはできません。

イベントに出かけてみる、気になった人には声をかけてみる。

今までしてこなかったことを、毎日1つで良いから心がけて行うようにしましょう。

2.石橋は叩いて叩いて渡る

直感を信じた方が良いということを言う人もいますが、私は全く逆の意見を持っています。
それは、石橋を叩いて渡るということ。

直感を信じるというのは悪いことではありません。
しかし、それが本当に勝算があるのかどうかを、じっくりと検証することは必要です。

なるべく大きな失敗をしないようにケアしつつ、直感を信じることをおすすめします。
とは言いつつ、付き合う人に対してはある程度直感を信じても良いですが…。

3.ポジティブシンキングを心がける

禅の言葉に「前後裁断」というものがあります。

これは、過去は変えられない、未来は不確定なものだから、今をしっかりと生きるというような意味です。

今の行動が未来を変えます。
今の考え方で、過去の捉え方は変わります。

このように考えると、今何をすべきか、どういう考え方をするべきなのかが変わってくると思います。

7日間店舗集客基礎講座はこちらから

店舗集客にお困りの経営者へ

7日間の無料メール講座で、店舗集客の基礎を学びませんか?

今なら、【反響のあるチラシのテンプレート】を無料でプレゼント。

マネージメント
スポンサーリンク

店舗集客の代行業。

オープンしたばかりのカフェやイタリアンなどの飲食店をはじめ、開業15年を誇る治療院などの集客代行を得意とする。

また、売上や粗利をアップさせるために、マーケティングコンサルタントとしても活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
店舗集客の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました