仕事は1つ1つ丁寧に終わらせよう

マネージメント

やることが山積み!

経営者って、常に忙しいものです。

私も、基本は一人型でビジネスをしているので、自分で記事を書いて、自分で経理もやって、自分で集客もやってと、大忙し。

で、そういう時についついやってしまいがちなのが「仕事を同時進行する」ということ。
いわゆるマルチタスクってやつです。

私も「いけないな・・・」と思いつつ、どうしてもマルチタスクをやってしまいます。

でも、マルチタスクってなんでいけないの?と思ったこと、ありませんか?

仕事は、1つ1つ丁寧に終わらせた方が、実は効率が良いよという話を今日はお伝えします。

スポンサーリンク

こんな仕事の処理の仕方、していませんか?

あなたがやるべき仕事って、どんなものがありますか?

普段のお店の運営はもちろん、経理の仕事、集客に関する仕事、お店の掃除やメンテナンス、仕込みや準備も入りますよね。

もちろん、日次でルーティーンで行う仕事は大切です。
これをやらなければお店を運営できないわけですから。

では、集客に関する仕事はどうでしょうか?少し考えてみましょう。

私のブログやメルマガを読んでくれている方だったら、「集客」と言っても、3つに分けて考えられることはご理解されているでしょう。

  1. 新規集客
  2. リピート集客
  3. ファン集客

この3種類の集客を、バランス良く進めていくことが、お店の売上を安定させるためには重要なわけです。

では、毎月この3つの集客を行う場合、どのように作業をしているでしょうか?

ほとんどの方が、 1日の中で、1・2・3の作業をそれぞれ分担して行なっていませんか?

例えば、チラシの片面を作って、リピート用のDMを5通書いて、ファン客用の葉書を5通書いて・・・みたいな感じです。

満遍なく集客ができているので、このやり方はとても正しいと思います。

でも、実はこの方法って、ものすごく効率が悪いんです。

最も効率が良い方法は、「同じ作業を一気にやってしまう」ということ。

私が昔働いていたアパレルショップは、このやり方を徹底しており、新しい商品を出すときは

箱を開ける→全商品袋から出す→中についている紙を取る→ハンガーにかける

という流れを徹底していました。
1製品ずつ、この流れで品出しすることで、作業の時間を短縮し、効率化するというわけです。

つまり、集客においても同じことで、満遍なく1〜3の作業をやるよりは、1日目は新規の作業、2日目はリピート用の作業、3日目はファン客用の作業と、1日1ターゲットずつ処理した方が、実は効果的なんです。

しかし、3日目のファン客用の作業が終わった時はに、新規の作業の成果を出始めているので、より検証をしやすいというメリットもあります。

あなたも、毎日ついついマルチタスクしていないか、毎朝作業に入る前に、チェックするようにしましょう。

反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

7日間店舗集客基礎講座はこちらから

店舗集客にお困りの経営者へ

7日間の無料メール講座で、店舗集客の基礎を学びませんか?

今なら、【反響のあるチラシのテンプレート】を無料でプレゼント。

マネージメント
スポンサーリンク

店舗集客の代行業。

オープンしたばかりのカフェやイタリアンなどの飲食店をはじめ、開業15年を誇る治療院などの集客代行を得意とする。

また、売上や粗利をアップさせるために、マーケティングコンサルタントとしても活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
店舗集客の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました