fbpx

新聞折込はどこに依頼する?新聞折込を利用する5つのステップ

女の子新規集客

店舗型経営者の集客方法で効果的なものの1つに、チラシがあります。

チラシの配布方法は主に2つ。
「新聞折込」「ポスティング」ですね。

ポスティングに関しては、自分で配布したり、インターネットで検索すればあなたの地域のポスティング業者が数社出てきます。

が、「新聞折込」は、どうやって、誰にお願いすればいいのかわからない…

という経営者さんは意外と多いです。

今回は、新聞折込の依頼方法をご紹介します。

関連記事:チラシ配布に利用したい「タウンプラス」とは?
関連記事:チラシの配布方法 新聞折込とポスティングを効果的に使い分ける考え方

反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

スポンサーリンク

新聞折込は2種類の依頼方法がある

男の子

新聞折込を依頼する場所は、2つの場所があります。

それが「地域の新聞販売店」「折込会社」です。

それぞれ紹介しましょう。

1.地域の新聞販売店に依頼する

新聞販売店とは、新聞配達の会社になります。

地域によって、色々乱立している場所もあれば、大きなところが数社しかない地域などもあるでしょう。

こういった会社に、直接チラシを搬入することで、チラシを新聞に折り込む手配ができます。

メリット

価格が安い

デメリット

ある程度知識がないと、販売店の人からはあまり提案してもらえない

2.折込会社に依頼する

おすすめは、こちらになります。

折込チラシを一箇所に搬入すると、折込したい地域を相談しながら進めることが可能です。

折込チラシを専門で扱う業者になるので、幅広く、多く撒きたいという人にはおすすめの配布方法です。

メリット

たくさん撒きたい時に一箇所の搬入で済む

デメリット

配送料などがかかるので、若干高くなってしまう

新聞折込を利用する5つのステップ

ポスト

新聞折込を利用するためには、次の5つのステップが必要となります。

ステップ毎に解説していきます。

1.チラシを準備する

まずはチラシを準備します。

チラシが無いと配布できないので、印刷したものを準備しましょう。

2.配布したいエリアの選定

次に、配布したいエリアをなんとなく選定しましょう。

あなたのお店の周りでもいいですし、幅広く撒きたいなど、なんとなく設定しましょう。

3.チラシの搬入・支払い

実際に、チラシを販売店or折込会社へ搬入します。

基本的に、現金での支払いがルールとなっているので、折込枚数×単価の現金を持参しましょう。

4.折込日の設定

新聞折込のいいところは、配布日を選べる…ということです。

例えば、スーパーなどのチラシは火曜・水曜に折り込まれることが多いので、主婦をターゲットにしたチラシならば、この曜日を選ぶと効果的です。

ある程度のターゲッティングに合わせた配布日を設定しましょう。

5.配布

あとは、配布されるのを待ちましょう。

チラシが配布されると、反響があると思いますが、反響件数÷配布枚数で、反響率を必ず計測しましょう。

一般的な平均値は、0.01%〜0.3%と言われています。

が、私が過去に経験したケースだと、最大2%の反響を出すことができました。

まとめ

夫婦

新聞折込の配布方法と5つのステップをご紹介しました。

意外と簡単に新聞折込はできるので、気軽に地域の新聞販売店や折込会社に電話してみましょう。
丁寧に教えてくれるところ、結構多いので。

ただ、業界的にやっぱりアナログなので、そこは気をつけましょう。

反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

関連記事:チラシの配布方法 新聞折込とポスティングを効果的に使い分ける考え方

無料メルマガで「副業のヒント」を手に入れよう!

■ 友達が好きな車を買ってうらやましい…
■ ネットビジネスを独学でやってみたけど、全然結果が出ない…
■ 会社の業績が悪く、給料が上がらない…
■ 実家の家族は贅沢しているのに、なんで自分だけ苦しい思いをしなきゃいけないんだ…
■ 頑張って勉強しているのに、妻から「口ばっかり」と言われた…

もしあなたがこんな悩みを抱えているのならば、
無料メルマガに登録して、「副業起業」の方法を
手に入れてください。

新規集客
スポンサーリンク

年収アップしたい会社員の“本当にやりたいこと”で複数の収入源をつくる『複業プロデューサー』。

専門学校卒業後、都内で雑誌編集者として約5年勤務した後、Uターンで静岡へ。

その後、広告代理店の営業に転職するも、テレアポが苦手すぎて会社を転々とする。

「テレアポしない営業」を模索する中でマーケティングと出会い、マーケティングを利用した反響営業で、当時の会社の売上を前年比150%アップさせるも、社長が別の事業で失敗し、倒産。

その経験から、会社員でいることにリスクを感じ、『複業』として、給料以外に収入源を複数持つことを意識するようになる。

現在は、会社員として勤務しつつ、Webライターとして各種媒体への寄稿、そして会社員の複業プロデュースから集客コンサルティングを行い、選択肢と自由を持つ会社員を1000人輩出することを目標として活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

  1. […] 関連記事:新聞折込はどこに依頼する?新聞折込を利用する5つのステップ 関連記事:チラシの配布方法 新聞折込とポスティングを効果的に使い分ける考え方 […]

タイトルとURLをコピーしました