オファーを魅力的にする4つのポイント

ガッツポーズ 新規集客

集客するとき「オファー」を出すことはとっても大切なことです。

オファーとは「来店につながるきっかけを与える」ということです。

クーポンなどがいい例ですね。

私のメルマガ登録フォームも、登録するとペルソナのテンプレートがもらえるというオファーをつけることで、より登録してもらいやすいオファーをしているわけです。

今回は、オファーをするときに注意する、4つのポイントについてご紹介します。

スポンサーリンク

魅力的なオファーを作るための4つのポイント

フリーペーパー

オファーを魅力的にするポイントは次の4つです。

  1. オファーはわかりやすく
  2. オファーは価値があるものを
  3. オファーは割引or景品or両方を含める
  4. オファーは理にかなった根拠を示す

それぞれ解説しましょう。

1.オファーはわかりやすく

オファーは、一目ですぐに理解できる内容にしましょう。

例えば、「50%オフ」よりも「半額」の方が、パッと見たときに理解できますよね。

実は、「80%オフ」よりも「半額」の方が反応率は良いとされています。

そのくらい、わかりやすさは重要なんですね。

2.オファーは価値があるものを

あなたのオファーには、十分に価値があるものだと、しっかりと理解してもらう必要があります。

この価値をしっかりと伝えないと、怪しいと思われてしまいます。

なので、あなたのお店がそこまで浸透していない場合、定価を操作してクーポンを出していると思われてしまう可能性があるので、オファーをクーポンにする場合は注意が必要です。

3.オファーは割引or景品or両方を含める

オファーはできれば割引よりもプレゼントの方が喜ばれます。

私も、サービスを安く提供するオファーと、無料でコンテンツをプレゼントするオファーのどちらが良いかテストしたことがありますが、コンテンツをプレゼントした方が反応がよかったです。

4.オファーは理にかなった根拠を示す

理にかなった根拠とは、そのオファーをする理由です。

新規オープンセールとか、●周年セールとかですね。

年中セールをしている紳士服店に人が訪れないように、オファーをする動機がなければ、人はなかなか動いてくれないのです。

以上がオファーを考える上で気をつけるべき4つのポイントです。

ぜひ参考にしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました