店舗主導でオフラインの集まる場所を提供しよう

集合リピート率アップ

インターネット環境の普及により、オンラインで集客したり、関係を持つことが一般的になっています。

店舗集客でも、オンラインで集客をするノウハウが多く普及していますよね。

  • SNS
  • ホームページ
  • LINE@
  • ポータルサイト etc

オンラインで集客する方法は、いくらでもあります。

しかし、店舗集客では、オンラインで集客するよりも、オフラインで集客する方が、圧倒的に効果があると断言します。

このブログでもご紹介しているように、DMを送ったりする方が、オンラインでメールを送るより、相手に伝わりますからね。

関連記事:お誕生日DMは必ず送ろう!祝福されて嫌な気分の人はいないから

そして、中でも一番良い方法が「人が集まる場所」を提供するということなのです。

スポンサーリンク

お店に人が集まるきっかけを作る

集合

あなたのお店に、人が集まるときは、どんなときですか?

基本的にはサービスを受けるときですよね。

では、あなたのお店を利用する人は、何を求めてあなたのお店に来ていると思いますか?

商品やサービスの質?

当然、そういうお客さんもいるでしょう。

しかし、本当にそうなのか、しっかりと考えてみる必要があります。

例えば、コーヒーが飲みたい!と思ったとき、あなたはどこに行きますか?

コーヒーを飲むという欲求を満たすだけだったら、色々な方法がありますよね。

  • コンビニ
  • 喫茶店
  • 自動販売機
  • スーパー

しかし、「コーヒーを飲みながら仕事がしたい」と考えたとき、あなたはどこに行きますか?

間違いなく喫茶店ですよね。

何が言いたいかといえば、あなたのお店がどんなにサービスや質にこだわったって、そのこだわりを100%わかってくれる人はいないということなんです。

自動販売機の130円の缶コーヒーと、コンビニの100円のコーヒー、何が違うか明確にわかる人がどれだけいますか?

おそらくほとんどいないでしょう。

だからこそ、お店主導でお店に行くきっかけを与えてあげることは、とても大切なのです。

人が集まるイベントを考えよう

集合

わかりやすい例が、イベントですよね。

例えばハロウィーンの時期。

別に仮装して楽しむことができれば、ほとんどの人はどんな場所でも構わないんです。

でも、あなたのお店でハロウィーンパーティーを開き、雰囲気がとても良かったら?
出てきた料理が美味しかったら?

ハロウィーン以外で来てみたいと思わせることができると思いませんか?

そして、普段はどんな人に使って欲しいか、しっかりと伝えることができたら?

つまり、お店は「商品やサービスを楽しむ場」ではなく、「人が集まる場所」なんです。

商品やサービスは、あくまで付加価値。

そう考えると、集客にも色々なアイデアが出てきます。
ぜひ、考えてみてください。

7日間店舗集客基礎講座はこちらから

店舗集客にお困りの経営者へ

7日間の無料メール講座で、店舗集客の基礎を学びませんか?

今なら、【反響のあるチラシのテンプレート】を無料でプレゼント。

リピート率アップ
スポンサーリンク

店舗集客の代行業。

オープンしたばかりのカフェやイタリアンなどの飲食店をはじめ、開業15年を誇る治療院などの集客代行を得意とする。

また、売上や粗利をアップさせるために、マーケティングコンサルタントとしても活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
店舗集客の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました