fbpx

集客ではお客さんを絞った方がお客さんが来てくれるって本当?

新規集客

集客の際には「お客さんをたった一人まで絞る」ことから始めるようにお伝えしています。

関連記事:新規の患者さんを集客するために必要な5つのステップ

このような話をすると「お客さんを絞ったら、来てくれる人が減ってしまうでしょ?」と言われる確率が95%。

まあ、普通に考えればお客さんを絞る=見る人が減るわけですから、来てくれる人が減ってしまうという考えになるのも納得できますよね。

さて、本当にお客さんを絞った方がいいのか、絞らない方がいいのか。

どっちなんでしょうか?
反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

スポンサーリンク

集客ではお客さんを絞るべき!

結論から言えば、集客の際にはお客さんを絞るべきです。(まあ、実際はやってみないとわからないというのが正解なのですが…)

少し視点を変えて考えてみましょう。

集客に使う、DMやチラシ、セールスページなど、いわゆる「セールスレター」と呼ばれるものは、「文章で相手の心を揺さぶる」というものです。

これって、学生時代に経験したアレに似てると思いませんか?

そうです、「ラブレター」です。

あなたはラブレターを書く時、好きな子のことを考えて書きますよね?

「よしこちゃんへ」とか「大好きなかりんちゃんへ」という書き出しから始まり、その子に好きな気持ちをアピールしながら書きますよね。

ラブレターは渡してみなければ結果はわかりませんが、相手に「好き」という気持ちを伝えるには十分です。

一方でラブレターを書く時に、「誰でもいいから付き合いたい」と、クラスの女子全員に、同じラブレターを送ったらどうでしょう?

これも渡してみなければ結果はわかりません。

しかし、たった一人に向けたラブレターと、クラスの女子全員に向けたラブレター。

どちらがYesの返事をもらえる確率が高いか、と聞かれれば、当然「たった一人に向けたラブレター」ですよね。

集客は、ラブレターと同じです。

ラブレターだって、よしこちゃんに向けて書いたラブレターを、全国のよしこちゃんに渡したら結構良い返事がもらえるかもしれません(笑)。

たった一人に届く=確実に伝わる。

あなたのお店を必要としている人に対して、しっかりと伝わる内容を書くことが、集客の基本なのです。
反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

無料メルマガで「副業のヒント」を手に入れよう!

■ 友達が好きな車を買ってうらやましい…
■ ネットビジネスを独学でやってみたけど、全然結果が出ない…
■ 会社の業績が悪く、給料が上がらない…
■ 実家の家族は贅沢しているのに、なんで自分だけ苦しい思いをしなきゃいけないんだ…
■ 頑張って勉強しているのに、妻から「口ばっかり」と言われた…

もしあなたがこんな悩みを抱えているのならば、
無料メルマガに登録して、「副業起業」の方法を
手に入れてください。

新規集客
スポンサーリンク

年収アップしたい会社員の“本当にやりたいこと”で複数の収入源をつくる『複業プロデューサー』。

専門学校卒業後、都内で雑誌編集者として約5年勤務した後、Uターンで静岡へ。

その後、広告代理店の営業に転職するも、テレアポが苦手すぎて会社を転々とする。

「テレアポしない営業」を模索する中でマーケティングと出会い、マーケティングを利用した反響営業で、当時の会社の売上を前年比150%アップさせるも、社長が別の事業で失敗し、倒産。

その経験から、会社員でいることにリスクを感じ、『複業』として、給料以外に収入源を複数持つことを意識するようになる。

現在は、会社員として勤務しつつ、Webライターとして各種媒体への寄稿、そして会社員の複業プロデュースから集客コンサルティングを行い、選択肢と自由を持つ会社員を1000人輩出することを目標として活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました