fbpx

誰もが考えないけど新聞折込の効果を最大化する方法

ポスティング

あなたの本当にやりたいことを
WEBライター・集客コンサルタント・サラリーマンの複業経験を基に加速化させる
夢・願望実現プロデューサーのトヨナガアキヒロです。

「手元にチラシが30,000枚あるんだけど、どうしたらいいですか?」

最近は、ネット印刷で誰でも簡単に
チラシをつくれるようになりました。

しかも安く。

その影響はかなり大きくて、
冒頭のように、大量に発注したはいいけど、
配り切れなくて困ってしまうという人も多いようです。

そこで、今日は「誰もが考えないけど新聞折込の効果を最大化する方法」
をご紹介したいのですが・・・。

これ、めちゃくちゃ簡単だけど、
誰もやっていないことです。

それは・・・

「毎日100枚ずつでいいから配る」

ということ。

意外とみんなやらない方法なんですが、
まとめて印刷したものを、まとめて1日で配布しようとしちゃうんですよね。

でも、まとめて印刷して、印刷コストは抑えつつ、
配布は小出しで配布し続ける。

結局チラシなんて、
どのタイミングで見られるかが勝負なので、
毎日毎日、しつこく配布し続けましょう。

折込チラシは、何枚でも配布してくれるので、
3000枚印刷して、毎日100枚ずつ配布すれば、
一か月間毎日お届けすることができます。

一気に配布したときと、
毎日少しずつ配布したとき、
どちらの方が反響が良いのか、試してみると良いでしょうね。

反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

テスト

準備中

ポスティング 新聞折込
スポンサーリンク

年収アップしたい会社員の“本当にやりたいこと”で複数の収入源をつくる『複業プロデューサー』。

専門学校卒業後、都内で雑誌編集者として約5年勤務した後、Uターンで静岡へ。

その後、広告代理店の営業に転職するも、テレアポが苦手すぎて会社を転々とする。

「テレアポしない営業」を模索する中でマーケティングと出会い、マーケティングを利用した反響営業で、当時の会社の売上を前年比150%アップさせるも、社長が別の事業で失敗し、倒産。

その経験から、会社員でいることにリスクを感じ、『複業』として、給料以外に収入源を複数持つことを意識するようになる。

現在は、会社員として勤務しつつ、Webライターとして各種媒体への寄稿、そして会社員の複業プロデュースから集客コンサルティングを行い、選択肢と自由を持つ会社員を1000人輩出することを目標として活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました