客単価アップ

客単価をアップさせる超簡単なたった1つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
お肉

今より客単価を上げたい!

そう考える店舗オーナーは多いだろう。

今回は、客単価をすぐにアップさせることのできる、簡単な方法をお伝えする。
この方法を実践すれば、短期間で希望している客単価にすることができるだろう。

客単価を上げる簡単な方法は今の価格帯より高い商品やサービスメニューを作る

コースメイン

今の客単価で満足していないのであれば、希望の客単価よりも高い商品やメニューを作ろう。

どういうことか、説明する。

あなたがお客さんの立場になった時、1,000円と2,000円の商品があったら、どちらを選ぶだろうか?





おそらく、ほとんどの人が1,000円の商品だと思ったのではないだろうか。

人は無意識のうちに、メリットよりもリスクを重視するという習性がある。

2,000円を頼んで得られるメリットよりも、1,000円のものを頼むことで、1,000円損をする可能性を排除するのが、普通の人の考え方なのだ。

これは、あなたのお店のお客さんも同じ考えだ。

頼んだことのない1,500円のランチと、頼んで満足した経験のある980円のランチだったら、ほとんどの人は後者を選ぶ。
人は、リスクを排除しようとする生き物だということを、理解しておこう。

そして、もっと1,500円のランチを多くの人に頼んでもらいのであれば、2,500円のランチメニューを追加しよう。

価格の印象は簡単に変わる

オードブル

980円、1,500円、2,500円という、3パターンのランチメニューがあったら、あなたはどれを選ぶだろうか?

間をとって、1500円を頼むのではないだろうか?

2種類のメニューしかない場合と、3種類のメニューになった場合、1,500円に対する印象はガラリと変わる。

価格は、絶対的なものではなく、相対的なイメージで変化するのだ。

これがディナーの場合でも同じだ。

5,000円が高いと感じられてしまうのであれば、10,000円のメニューを作ればいい。
そうすることで、半額で「食べることができる」メニューは、お得という印象に変化するのだ。

客単価を上げたいのであれば、今より高い「見せ球」となるメニューを作る。
たったこれだけで、客単価は飛躍的にアップするだろう。

高い金額は売れればラッキーと思っておく

シェフ

このような提案をすると、「10,000円のメニューなんて頼む人いるのだろうか?」と心配する人がいる。
しかし、頼まれることを前提にするのではなく、あくまでも5,000円のメニューを頼んでもらうために増やすだけだ。

頼まれなくても問題ない。
むしろ、頼んでもらったらラッキーと思っておくことが大切だ。

あるスーパーでは、低価格の商品の中に、ラングラーという車を販売しているそうだ。
これは、単純に広告などで目を引くための、アイキャッチ的な要素で掲示しているのだが、年に数台売れることもあるらしい。

別にこのスーパーは、車の販売が主力ではないので、売れなくてもいい商品だ。
しかし、売れれば一気に数百万円の粗利となる。

高い金額の商品は、売れたらラッキー。
売れなくても害はない。

それくらいで考えるべきだ。

値上げは決して悪いことではない

お店

客単価を上げようとすると、既存の商品をセットで購入してもらったり、定価で購入すると損をするような価格で販売するようなイメージをする人が多い。

飲食店の場合、値上げ自体が悪のような風潮があり、消費税が増税されても価格を据え置きしたり、原材料が上がったからといって、ものすごく恐縮して値上げをしている。

値上げ自体は決して悪いことではない。
それに、値上げをすることで、新たなお客さんの層を開拓することができるので、お店にとってはメリットばかりなのだ。

客単価を上げる。

難しいようで、明日からできる方法で、簡単にできる。

ぜひ、試してほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

7日間無料メールレッスンのご案内

店舗集客の悩みを解消する【7日間無料メールレッスン】実施中!



  • オープンしたばかりで何をしていいのかわからない

  • ほとんど広告をしてこなかったけどさすがにマズイと感じている

  • やらなければならないことはわかっているけれど、忙しくて手が回らない


どれか1つに当てはまる人は、ぜひ7日間無料メールレッスンへご登録ください。

明日から誰でも簡単に実施できる、店舗集客の極意をお届けします。

レッスンに参加する

コメントを残す

*