fbpx

ペルソナに合わせてホームページも用意する

ブランディング新規集客

ペルソナは大切

繰り返し、このブログでお伝えしているメッセージです。

で、このペルソナですが、1つの商品において1人しか設定してはいけない…というものではありません

例えば、肩こりに悩んでいるペルソナを考えるとしたら?

  • デスクワークが原因のOL
  • 姿勢が悪いことが原因のサラリーマン
  • 目の疲れからくるお母さん

などなど、色々な原因や年齢層、性別をペルソナとして設定することができますよね。

ということはつまり、ペルソナの分だけ、メディアも必要になるということなんです。
反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

スポンサーリンク

ペルソナ毎にホームページを作る

ペルソナに合わせて、内容を変えたチラシを配る。

これ、結構当たり前の感覚だと思います。

でもこれが、ホームページとなると、全てのペルソナを網羅しているホームページを作っている人、多いです。

もちろん、ホームページなので、あなたのお店をしっかりとPRすることが目的なのですが、やっぱり一番は「来院につなげる」ことが大切ですよね。

だからできる限り、ペルソナ毎にホームページを作ることをおすすめしています。

でも、ペルソナ毎にホームページを作っていたら、費用がかかってしまいます。

そこで、おすすめなのが、ランディングページをペルソナ毎に作成するという方法です。

ホームページとして、全てのサービス内容を網羅したページを作成し、各ペルソナ毎にはランディングページをぶら下げる。

これ、結構効果的なやり方です。

ペルソナを複数設定している場合は、ホームページ上でもチラシと同じように、ペルソナに合わせて複数ページを持つようにしましょう。
反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

テスト

準備中

新規集客
スポンサーリンク

年収アップしたい会社員の“本当にやりたいこと”で複数の収入源をつくる『複業プロデューサー』。

専門学校卒業後、都内で雑誌編集者として約5年勤務した後、Uターンで静岡へ。

その後、広告代理店の営業に転職するも、テレアポが苦手すぎて会社を転々とする。

「テレアポしない営業」を模索する中でマーケティングと出会い、マーケティングを利用した反響営業で、当時の会社の売上を前年比150%アップさせるも、社長が別の事業で失敗し、倒産。

その経験から、会社員でいることにリスクを感じ、『複業』として、給料以外に収入源を複数持つことを意識するようになる。

現在は、会社員として勤務しつつ、Webライターとして各種媒体への寄稿、そして会社員の複業プロデュースから集客コンサルティングを行い、選択肢と自由を持つ会社員を1000人輩出することを目標として活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました