fbpx

あなたはいつまでもプレーイングマネージャーではいけない!

マネージメント

お店を経営し始めた時というのは、経営者でありながら選手でもある。

つまり、プレーイングマネージャーですよね。

しかし、それではどんなに頑張っても、稼ぐことができる金額に限界があります。

1日は、24時間しか無いのですから、当たり前ですよね。

最初のうちは仕方ありませんが、集客がうまくいった段階で、あなたが決断しなければならないことがあります。

それが「お店を大きくするのか、維持するのか」です。

お店を大きくするというのは、もっともっと集客し続けるということ。

逆に、維持するというのは、収入を増やさない代わりに、生涯現役を貫くということです。

どちらが良い、悪いはありません。

しかし、必ず決断するタイミングは訪れるのです。
反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

スポンサーリンク

あなたがやるべき仕事を見極める

得意

お店を構えてビジネスをする。

もちろん、直接お客さんと対峙することもある絵でしょうが、店舗を運営しているのであれば必ず「経営者」としての視点を持たなければなりません。

経営者に必要な視点、それは「売り上げに直結した動きをする」ことと「支出を減らし、粗利を確保する」ことです。

我々のような、小さなお店の経営者ならば、当然あなたの働きで売り上げは決まってきます。

しかし、多くの店舗経営者が、いつまで経ってもプレーヤーの立場しようとはしません。

私は、年商で1,000万円を超えたビジネスでは、経営者がプレーヤーである頻度はどんどん減らしていくようにお伝えしています。

理由は、それだといつまで経っても「儲からない」からです。

あなたがプレーヤーとして働き続けるのではなく、後進の育成にシフトする。

そして、あなたは経営に特化する。

こういう店舗経営者を目指してもらいたい、そう思います。
反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

テスト

準備中

マネージメント
スポンサーリンク

年収アップしたい会社員の“本当にやりたいこと”で複数の収入源をつくる『複業プロデューサー』。

専門学校卒業後、都内で雑誌編集者として約5年勤務した後、Uターンで静岡へ。

その後、広告代理店の営業に転職するも、テレアポが苦手すぎて会社を転々とする。

「テレアポしない営業」を模索する中でマーケティングと出会い、マーケティングを利用した反響営業で、当時の会社の売上を前年比150%アップさせるも、社長が別の事業で失敗し、倒産。

その経験から、会社員でいることにリスクを感じ、『複業』として、給料以外に収入源を複数持つことを意識するようになる。

現在は、会社員として勤務しつつ、Webライターとして各種媒体への寄稿、そして会社員の複業プロデュースから集客コンサルティングを行い、選択肢と自由を持つ会社員を1000人輩出することを目標として活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました