fbpx

価格が高いことは悪いことじゃない

客単価アップ

「良い物を安く提供する」

多くの経営者は、価格を安くしよう、安くしようと努力します。

そのために原価を下げるために仕入れ業者と交渉したり、より効率の良い提供方法を考えます。

お客さんに対して、良い物を安く提供するためにです。

これ自体は、良いことでしょう。

原価を下げる努力は、常にするべきです。

でも、安易に価格を下げてしまうのはいかがなものでしょう。

原価を下げて価格が据え置きならば、その分利幅は増えます。

そのほうが「儲かる」わけですね。

なので、安易な値下げというのは、私はあまりおすすめしません。

むしろ値上げすることをおすすめします。

値上げをすると、儲かる以外に、もっと大きなメリットがあるからです。
反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

スポンサーリンク

値上げは自身のステータスを上げる

全く同じスキルと能力を持っている、二人の整体師がいたとしましょう。

整体師Aの1回の施術料は5,000円。
整体師Bの1回の施術料は50,000円。

では、質問です。

あなたが体に痛みを抱えていたとします。
それは、生活に支障をきたすレベルです。

仕事もできない。
食事やトイレも一人で満足にすることができません。

どんな病院や整骨院、整体院に通っても治らなかった症状です。

最後の賭けとして、知人に紹介されたAとBの整体院。

どちらか一方しか選べないとしたら、あなたはどちらの整体院を選びますか?

「高い」か「安い」かを決めるのはお客さん

さて、あなたはどちらを選びましたか?

「全く同じスキルと能力」という前提であれば安いほうが良いですよね。

でも、この前提がなかったとしたら、あなたはどちらを選ぶでしょうか?

なんとなく、高い金額を提示しているBの方が「すごい人」というイメージになりますよね。

結果として、どちらの整体院に行っても、あなたの症状は治まります。

その場合、あなたにとってBは悪徳業者…ということになりますか?

なりませんよね。

それどころか、誰にも治せなかったのに、治してもらえた恩人として、感謝しますよね。

つまり、これって価格に対して高い・安いというのは、お客さんが決めるってことなんです。

あなたがしっかりとしたサービスを提供しているならば、自信を持って適正価格で提示しましょう。
反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

テスト

準備中

客単価アップ
スポンサーリンク

年収アップしたい会社員の“本当にやりたいこと”で複数の収入源をつくる『複業プロデューサー』。

専門学校卒業後、都内で雑誌編集者として約5年勤務した後、Uターンで静岡へ。

その後、広告代理店の営業に転職するも、テレアポが苦手すぎて会社を転々とする。

「テレアポしない営業」を模索する中でマーケティングと出会い、マーケティングを利用した反響営業で、当時の会社の売上を前年比150%アップさせるも、社長が別の事業で失敗し、倒産。

その経験から、会社員でいることにリスクを感じ、『複業』として、給料以外に収入源を複数持つことを意識するようになる。

現在は、会社員として勤務しつつ、Webライターとして各種媒体への寄稿、そして会社員の複業プロデュースから集客コンサルティングを行い、選択肢と自由を持つ会社員を1000人輩出することを目標として活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました