fbpx

集客を成功させる秘訣はリサーチすることである!

新規集客

集客の苦労を無くしたい。

経営者であれば、みんなが叶えたい願望の1つですよね。

集客を継続的に、且つ安定的に行うことは、特に難しいことではありません。

というのも、「手法」に惑わされずに「本質」を見ることができれば、集客することはさほど難しくないのです。

では、「集客の本質」とは、いったい何なのでしょうか?
反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

スポンサーリンク

集客の本質 それは「リサーチ」である

結論から言えば、集客の本質は「リサーチ」に尽きますね。

リサーチって、大手や上場レベルの企業では当たり前にやっていること。

だけど、小さなお店って、全然リサーチしていないですよね。

で、この「リサーチ」と聞くと、競合のリサーチを思う浮かべる人が圧倒的に多いのですが、必ずしも競合のリサーチだけではありません。

リサーチとは、実はあなたが提供している商品やサービスと、もう1度見直してみることもリサーチの1つなんです。

例えば、、、

  • 他の商品・サービスと比較してどこが優れているのか?
  • どんな想いでそのサービスや商品を提供しているのか?
  • どんな歴史があるのか?

などをもう一度書き出してみましょう。

そして、それをストーリーにするわけですね。

例えば、整骨院の場合。

ただ整骨院の専門学校に何となく通って、何となく開業したという人より、自分が学生時代に競技をやっていて、先輩や同級生の才能がある人が怪我で実力を発揮できない様子を見ていて、こういう人をサポートしたいと想い整骨院を開業した、というストーリーがある人、あなたが競技者だったら、どちらの整骨院に行きたいと思うでしょうか?

当然後者ですよね。

あなたが、その商品やサービスを提供するに至ったストーリーというのは、伝えることで強みになるわけです。

リサーチの大切さはなにもウェブ集客だけじゃありませんよね。セールス、ビジネスにもおなじことが言えると思います。

お客さんのリサーチについて

あなたの商品やサービスを見直したら、次にリサーチするのはお客さんです。

お客さんについてのリサーチは、あなたの見直したサービスに基づいて仮説を立てます。

  • あなたの商品、サービスを欲しいと思っている人はどんな人ですか?
  • 男性?女性?
  • 年齢は?

などを書き出します。

この辺りは「新規の患者さんを集客するために必要な5つのステップ」でも解説しています。

関連記事:新規の患者さんを集客するために必要な5つのステップ

↓↓↓ペルソナシートの例が欲しいならコチラからメルマガへ登録してください↓↓↓

お客さんのリサーチは、常にするようにしましょう。

全くお客さんがいない人は、お客さんになりそうな人が集まる場所へ行き、話を聞く。
お客さんがすでにいるのであれば、お客さんに直接インタビューしましょう。

あなたのこれまでの歴史を聞いて、心に響く人はどんな人なのか。

仮説と検証を繰り返し行いましょう。

商品、サービスの寿命についてリサーチする

商品やサービスは、一度作ったら終わりではありません。

始まりがあれば終わりがあるように、商品やサービスにも終わりが来る時があります。

ほとんどの場合、すでに世間に認知されているものか、衰退しているものかでしょう。

あなたが「業界初」と思っているものでも、過去に誰かがやっているか、もしくは需要がないと判断されて誰もやっていないかですので、その点は気をつけましょう。

一部のプラットフォーマーと違い、我々はすでにあるものを別の視点で伝えたり、すでにあるものとあるものを掛け合わす、もしくは引くことでサービスを生み出します。

とにかく、今のあなたの業界や商品、サービスがどんな状況なのか、しっかりとリサーチするようにしましょう。
反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

無料メルマガで「副業のヒント」を手に入れよう!

■ 友達が好きな車を買ってうらやましい…
■ ネットビジネスを独学でやってみたけど、全然結果が出ない…
■ 会社の業績が悪く、給料が上がらない…
■ 実家の家族は贅沢しているのに、なんで自分だけ苦しい思いをしなきゃいけないんだ…
■ 頑張って勉強しているのに、妻から「口ばっかり」と言われた…

もしあなたがこんな悩みを抱えているのならば、
無料メルマガに登録して、「副業起業」の方法を
手に入れてください。

新規集客
スポンサーリンク

年収アップしたい会社員の“本当にやりたいこと”で複数の収入源をつくる『複業プロデューサー』。

専門学校卒業後、都内で雑誌編集者として約5年勤務した後、Uターンで静岡へ。

その後、広告代理店の営業に転職するも、テレアポが苦手すぎて会社を転々とする。

「テレアポしない営業」を模索する中でマーケティングと出会い、マーケティングを利用した反響営業で、当時の会社の売上を前年比150%アップさせるも、社長が別の事業で失敗し、倒産。

その経験から、会社員でいることにリスクを感じ、『複業』として、給料以外に収入源を複数持つことを意識するようになる。

現在は、会社員として勤務しつつ、Webライターとして各種媒体への寄稿、そして会社員の複業プロデュースから集客コンサルティングを行い、選択肢と自由を持つ会社員を1000人輩出することを目標として活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました