fbpx

「新規集客」よりも「リピート」と「購入点数」を意識する

お寿司購入点数アップ

「売り上げを増やす」

あなたがお店の経営者ならば、必ず持っている目標ではないでしょうか?

まあ、正確には「売り上げ」ではなく「粗利」の方が重要なのでしょうが、どちらにせよ、たくさん稼ぎたいと思っているはず。

で、売り上げを増やそうと思った時に、多くの経営者がまず取り組む方法があります。

それが「客数を増やす」こと。

とりわけ、「新規集客」に力を入れようと考える人が多いです。

でも、小さなお店は、新規集客に力を入れるのは、優先順位で言えば一番最後です。

ではどうするのか。

答えは「リピート」と「購入頻度」です。
反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

スポンサーリンク

小さなお店が「儲ける」ためには既存顧客を大切にする

多くのお店、企業は新規集客にめちゃくちゃ力を入れます。

一方で、すでにお客さんとなっている人に対して、再度セールスするということは、ほとんどありません。

新規、新規、新規。

でも、新規集客って、一番費用対効果が悪いんです。

例えば、飲食店を例にとってみましょう。

あなたが中華料理を食べたいと思った時。

  • A.いつでも安定感のある、何度も通ったことのあるチェーンの中華料理店
  • B.存在は知っているけど、味はわからない初めて行く個人の中華料理店

どちらを選びますか?

多くの場合、Aを選びますよね。

Aは、とびきり美味しいわけじゃありませんが、まずくない。

あなたが満足する味であることを知っています。

一方Bは、もしかしたらめちゃくちゃうまいかもしれません。

でも、その逆も然りで、めちゃくちゃマズイかもしれません。

つまり、ハイリスク・ハイリターンなわけですね。

B店が、A店のお客さんに来てもらおうと思うなら、とびきり安くしたり、試食品を配ったりと、労力もコストも時間もかかるでしょう。

しかし、A店がすでに来てくれたお客さんを集めようと思ったら、期間限定のクーポンを配布したり、ラーメンと餃子とチャーハンのセットだとお得になると伝えるだけで、一定の既存客は足を運んでくれるでしょう。

つまり、既存客にもう一度来てもらったり、購入点数を増やしてもらうのは、新規のお客さんを集めるよりも簡単なのです。

お客さんの全体数を増やしたいと考える気持ちはわかりますが、一定のお客さんに満足し続けてもらう。

その上で、少しずつお客さんの絶対数を増やしていく。

それが、小さなお店が上手に集客する秘訣なのです。
反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

テスト

準備中

購入点数アップ
スポンサーリンク

年収アップしたい会社員の“本当にやりたいこと”で複数の収入源をつくる『複業プロデューサー』。

専門学校卒業後、都内で雑誌編集者として約5年勤務した後、Uターンで静岡へ。

その後、広告代理店の営業に転職するも、テレアポが苦手すぎて会社を転々とする。

「テレアポしない営業」を模索する中でマーケティングと出会い、マーケティングを利用した反響営業で、当時の会社の売上を前年比150%アップさせるも、社長が別の事業で失敗し、倒産。

その経験から、会社員でいることにリスクを感じ、『複業』として、給料以外に収入源を複数持つことを意識するようになる。

現在は、会社員として勤務しつつ、Webライターとして各種媒体への寄稿、そして会社員の複業プロデュースから集客コンサルティングを行い、選択肢と自由を持つ会社員を1000人輩出することを目標として活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました