fbpx

「無料相談」でSEO対策をするためのたった2つの方法

新規集客

弁護士や税理士など『士業』と我々のようなコンサルタントなど、「人に指導をする」ことを生業にしている職業で、集客のための効果的な方法の1つとして「無料相談」というものがあります。

で、多くの場合が、無料相談をインターネットで告知するのですが、「無料相談」というキーワードはインターネットの世界ではキラーワードとして活用されています

なので、インターネットで無料相談というキーワードを使って集客するのは、かなり難しいということを覚えておきましょう。

そんな中でも、たった2つのポイントに気を付けるだけでも、効果の上がる方法をご紹介します。

反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

スポンサーリンク

1.「無料相談」いうキーワードはタイトルに入れる

無料相談や無料セミナーを行なっているのならば、ホームページのタイトルに無料相談というキーワードを必ず入れましょう。これが一番簡単なSEO対策です。

なぜ無料相談というキーワードをタイトルに入れたほうがいいのか?それは、googleの検索窓が関係しています。

例えば弁護士事務所を検索する場合、ほとんどの場合の検索キーワードは「富士市 弁護士」などのように、地域名+弁護士で検索しますよね。

その場合、必ずと言ってもいいほどgoogleの検索ボックスに「富士市 弁護士 無料相談」というキーワードが表示されます。無料というキーワードはそのくらいキラーワードなのです。

ということは、この3つのキーワードで上位表示できればサイトのアクセスが伸びるので、結果的に「地域名+弁護士」の単語でも上位表示されるようになるという仕組みです。

ちょっと難しいですね。要は「無料相談」というキーワードは、とにかく左側に来るように入れろ!ということだけ、覚えておきましょう。

2.無料相談にはハードルをつける

「無料相談」や「無料カウンセリング」など、無料とつけることで顧客の心理的ハードルは下がります。新規客を獲得するのには「無料」が最適なことは間違いありません。

ただし、「無料」にしてしまうと、無料相談だけで終わってしまうお客さんが増えることも事実です。

無料相談の目的は、「本契約してもらうこと」なので、無料相談だけに来られてしまっては、集客がうまくいきません。

そこでおすすめなのが「ハードルを高くする」という方法です。

具体的な方法を2つ紹介します。

2-1.相談フォームの必須項目を多くする

まず、無料相談のお客さんを集める段階でハードルを高くしたいのであれば、無料相談フォームの入力項目を多くすることがおすすめです。

フォームからの問い合わせを多くしたいのであれば、必須項目や入力内容を少なくするべきという鉄則がありますが、これを逆手に取り、項目を増やすだけで、お客さんの質は高まります。

質の低い見込み客は、複雑な入力フォームでは離脱が早いという傾向があるので、本気度の高い人だけ問い合わせるようなフォームを作成すると良いですね。

2-2.事前にメルマガなどに登録してくれている人だけに無料相談のオファーを出す

無料相談をたくさんの人に提案すれば、その分反応は高まるが、質は低くなります。
そこで、無料相談を受けられる人を少なくするという方法もあります。

役に立つメルマガなどで情報を発信し、その情報を取得したいと思っている人が登録するような仕組みにしておき、その方達にだけ無料相談を提案すると、質の高い顧客だけが集まります。

この方法は、時間はかかりますが、確実なものとなるので、個人的にはこちらの方法をおすすめします。

まとめ

無料相談や無料セミナーは、新規集客として最強のワードであると、ダン・ケネディも言っています。まだ試していない人は、ぜひ導入してくださいね。

反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

無料メルマガで「副業のヒント」を手に入れよう!

■ 友達が好きな車を買ってうらやましい…
■ ネットビジネスを独学でやってみたけど、全然結果が出ない…
■ 会社の業績が悪く、給料が上がらない…
■ 実家の家族は贅沢しているのに、なんで自分だけ苦しい思いをしなきゃいけないんだ…
■ 頑張って勉強しているのに、妻から「口ばっかり」と言われた…

もしあなたがこんな悩みを抱えているのならば、
無料メルマガに登録して、「副業起業」の方法を
手に入れてください。

新規集客
スポンサーリンク

年収アップしたい会社員の“本当にやりたいこと”で複数の収入源をつくる『複業プロデューサー』。

専門学校卒業後、都内で雑誌編集者として約5年勤務した後、Uターンで静岡へ。

その後、広告代理店の営業に転職するも、テレアポが苦手すぎて会社を転々とする。

「テレアポしない営業」を模索する中でマーケティングと出会い、マーケティングを利用した反響営業で、当時の会社の売上を前年比150%アップさせるも、社長が別の事業で失敗し、倒産。

その経験から、会社員でいることにリスクを感じ、『複業』として、給料以外に収入源を複数持つことを意識するようになる。

現在は、会社員として勤務しつつ、Webライターとして各種媒体への寄稿、そして会社員の複業プロデュースから集客コンサルティングを行い、選択肢と自由を持つ会社員を1000人輩出することを目標として活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました