「無料相談」でSEO対策をするためのたった2つの方法

新規集客

弁護士や税理士など『士業』と我々のようなコンサルタントなど、「人に指導をする」ことを生業にしている職業で、集客のための効果的な方法の1つとして「無料相談」というものがあります。

で、多くの場合が、無料相談をインターネットで告知するのですが、「無料相談」というキーワードはインターネットの世界ではキラーワードとして活用されています

なので、インターネットで無料相談というキーワードを使って集客するのは、かなり難しいということを覚えておきましょう。

そんな中でも、たった2つのポイントに気を付けるだけでも、効果の上がる方法をご紹介します。

反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

スポンサーリンク

1.「無料相談」いうキーワードはタイトルに入れる

無料相談や無料セミナーを行なっているのならば、ホームページのタイトルに無料相談というキーワードを必ず入れましょう。これが一番簡単なSEO対策です。

なぜ無料相談というキーワードをタイトルに入れたほうがいいのか?それは、googleの検索窓が関係しています。

例えば弁護士事務所を検索する場合、ほとんどの場合の検索キーワードは「富士市 弁護士」などのように、地域名+弁護士で検索しますよね。

その場合、必ずと言ってもいいほどgoogleの検索ボックスに「富士市 弁護士 無料相談」というキーワードが表示されます。無料というキーワードはそのくらいキラーワードなのです。

ということは、この3つのキーワードで上位表示できればサイトのアクセスが伸びるので、結果的に「地域名+弁護士」の単語でも上位表示されるようになるという仕組みです。

ちょっと難しいですね。要は「無料相談」というキーワードは、とにかく左側に来るように入れろ!ということだけ、覚えておきましょう。

2.無料相談にはハードルをつける

「無料相談」や「無料カウンセリング」など、無料とつけることで顧客の心理的ハードルは下がります。新規客を獲得するのには「無料」が最適なことは間違いありません。

ただし、「無料」にしてしまうと、無料相談だけで終わってしまうお客さんが増えることも事実です。

無料相談の目的は、「本契約してもらうこと」なので、無料相談だけに来られてしまっては、集客がうまくいきません。

そこでおすすめなのが「ハードルを高くする」という方法です。

具体的な方法を2つ紹介します。

2-1.相談フォームの必須項目を多くする

まず、無料相談のお客さんを集める段階でハードルを高くしたいのであれば、無料相談フォームの入力項目を多くすることがおすすめです。

フォームからの問い合わせを多くしたいのであれば、必須項目や入力内容を少なくするべきという鉄則がありますが、これを逆手に取り、項目を増やすだけで、お客さんの質は高まります。

質の低い見込み客は、複雑な入力フォームでは離脱が早いという傾向があるので、本気度の高い人だけ問い合わせるようなフォームを作成すると良いですね。

2-2.事前にメルマガなどに登録してくれている人だけに無料相談のオファーを出す

無料相談をたくさんの人に提案すれば、その分反応は高まるが、質は低くなります。
そこで、無料相談を受けられる人を少なくするという方法もあります。

役に立つメルマガなどで情報を発信し、その情報を取得したいと思っている人が登録するような仕組みにしておき、その方達にだけ無料相談を提案すると、質の高い顧客だけが集まります。

この方法は、時間はかかりますが、確実なものとなるので、個人的にはこちらの方法をおすすめします。

まとめ

無料相談や無料セミナーは、新規集客として最強のワードであると、ダン・ケネディも言っています。まだ試していない人は、ぜひ導入してくださいね。

反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

7日間店舗集客基礎講座はこちらから

店舗集客にお困りの経営者へ

7日間の無料メール講座で、店舗集客の基礎を学びませんか?

今なら、【反響のあるチラシのテンプレート】を無料でプレゼント。

新規集客
スポンサーリンク

店舗集客の代行業。

オープンしたばかりのカフェやイタリアンなどの飲食店をはじめ、開業15年を誇る治療院などの集客代行を得意とする。

また、売上や粗利をアップさせるために、マーケティングコンサルタントとしても活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
店舗集客の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました