睡眠と仕事の関連性

未分類

一人で治療も経営も受付もこなしているような整骨院の院長は、万年睡眠不足に陥っている人が多いですが、あなたは大丈夫ですか?

私も、「睡眠時間を削って仕事をしなければ!」と考えている時がありました。
でも、睡眠を削って仕事をしても、1週間持ちませんよね?

ということで、たどり着いた答えは、「睡眠は毎日しっかり取ろう」というものです。

睡眠を取らないとタダのポンコツになってしまう

私は、いわゆる「ロングスリーパー」と呼ばれる部類に入る人間です。

おそらく、1日9時間くらいがベスト睡眠時間というくらい、よく寝ます。

よく言われるのが、人間の睡眠は1時間30分周期だから、それに合わせて起きたらスッキリ起きられるというもの。

私も仕事が貯まっているときは、睡眠を削って仕事をするのですが、1時間30分周期を意識して、3時間や4時間半で起きることはあるのですが…。

短時間だと昼間眠くてポンコツになります!

なので、現在では、6時間は最低でも睡眠を取るように、どんなに忙しくても調整しています。

でも、実際6時間でもまだまだ眠い…。

睡眠を削るより他の時間を削れないか考えよう

中には、「ショートスリーパー」と呼ばれる人もおり、4時間半睡眠で十分というタイプもいるようです。

ただ、これに関しては今更変えられないのであきらめましょう。

眠いものは眠いので、寝る時間を削って作業をするのではなく、睡眠以外で削れる時間がないか考えてみましょう。

例えば、スマホをみている時間、テレビをみている時間。

これらは、1回1回は微々たるものでも、トータルすると1日で結構な時間を取られているものです。

こういった、少しの時間を短縮することで、睡眠時間を確保しつつ、仕事を効率よくこなせるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました