fbpx

あなたのお店に合ったSNS、なんでしょうか?

SNS

あなたの本当にやりたいことを
WEBライター・集客コンサルタント・サラリーマンの複業経験を基に加速化する
夢・願望実現プロデューサーのトヨナガアキヒロです。

「最近、インスタグラムを始めました!」

私が集客コンサルタントとしてお客さんと接する上で、
最初にする質問があります。

それは

「今、集客のために行なっていることは何かありますか?」

というもの。

この質問をすると、
冒頭のように、答える人が増えています。

インスタグラムがFacebookに変わったり、
Twitterに変わったり、Youtubeに変わったりしますが、
集客のために、何かやっているという経営者は多いです。

ただ、大体この後に続くのが・・・

「でも、全然集客できないんです」

という言葉。

そして、効果がでないと継続できず、
気付いたらアカウントを放置してしまった。。。

なんて状態になってしまいます。

まあ、結論から言えば、
SNSは即効性があるものではありません。

そのため、集客を成功させたかったら、
コツコツ継続させることは大前提です。

ただ、あなたのお店の業種に合ったものを使わなければ、
いつまで経っても効果は出ません。

では、あなたのお店に合ったSNSとは
なんなのでしょうか?

その答えは・・・

「あなたのお客さんがよく見ている可能性が高いもの」

です(笑)。

例えば、10代の女の子がお客さんなのに、
Facebookを頑張って更新しても、なかなか10代のお客さんは来てくれません。

だから、使うとすれば、
TikTokとか、Youtubeとかになるわけですね。

つまり、あなたが使うべきSNSは
「今、流行りのSNS」でもなく、
「あなたが使っていて楽しいSNS」でもありません。

あなたのお客さんが、見ているSNS。

まずは、お客さんに、
普段どんなSNSを使っているか、聞いてみることから始めましょう。

もしかしたら、
SNSを使っている人の方が少ない可能性もありますから。
反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

テスト

準備中

SNS
スポンサーリンク

年収アップしたい会社員の“本当にやりたいこと”で複数の収入源をつくる『複業プロデューサー』。

専門学校卒業後、都内で雑誌編集者として約5年勤務した後、Uターンで静岡へ。

その後、広告代理店の営業に転職するも、テレアポが苦手すぎて会社を転々とする。

「テレアポしない営業」を模索する中でマーケティングと出会い、マーケティングを利用した反響営業で、当時の会社の売上を前年比150%アップさせるも、社長が別の事業で失敗し、倒産。

その経験から、会社員でいることにリスクを感じ、『複業』として、給料以外に収入源を複数持つことを意識するようになる。

現在は、会社員として勤務しつつ、Webライターとして各種媒体への寄稿、そして会社員の複業プロデュースから集客コンサルティングを行い、選択肢と自由を持つ会社員を1000人輩出することを目標として活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました